年をとったらオリンピックの見方が変わったという話[2018/2/18]

平成30年2月18日

この記事を書く直前、スピードスケート女子の小平奈緒選手が、日本勢今大会2個目の金メダルを獲得した
昨日はフィギュアの羽生結弦選手が金
正直僕はオリンピックはおろかスポーツ全般に興味がなく、
今回の平昌五輪も始まる前はどうでも良いと思っていたし、
あまり書くと叩かれそうだが、羽生選手に対してもあまり良い印象を持っていなかった

しかし今回は「金確実」「2大会連続金」というプレッシャーと、
昨年末の足の怪我からの復活劇という、常人では考えられないような精神力の強さを垣間見ることができた
普通なら押し潰されるところだろう
持つ印象が覆った

僕自身、年をとったのもあるし、前回の冬季五輪の時にはいなかった子どもが2人生まれたというのも大きく影響しているのかもしれない
年をとったらオリンピックの見方が変わった
P1110306-1
Panasonic LUMIX DMC-GF2 + smc PENTAX-A 1:2 50mm


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : 羽生結弦 小平奈緒 平昌オリンピック 五輪 オリンピック 金メダル スポーツ

受験生の頃の思い出

今年のセンター試験も終わった

毎年センター試験が終わると、自分が受験生だった頃の事を思い出す
数々の模試を受け、その全てで僕の志望校合格ラインを下回っており、
現役合格はピンチの状況だったのだが、
どうも僕は昔からプラス思考で、
何とかなると思いながら、その後も何となく受験勉強を続け、
センター試験本番、何とこれまでの模試では一度も取った事のない高得点をマーク
志望校の二次試験は小論文だったため、通常の受験勉強はここで終了することとなり、
どういうわけか小論文にだけは絶対的な自信を当時持っていたため、
本番でも良い手応えを覚え、
無事前期で志望校に合格できた

その話を今日当家の奥方にしたところ
「そんなにセンター試験が良かったのなら、もっといい大学を目指せたのでは」と言われたのだが、
その大学に入ったから今の会社に就職し、
酒田に住むことになり、奥方と出会い、ふたりの子どもが生まれたのだし、
もうそうなる運命で決まっていたのだから、
その大学を志望して結果的に良かったのだと言える

高校の頃フロイトを知り、「精神分析の世界って面白いな」と思ってその大学を志望し、
結果的にその大学では心理学を学べないことを入学してから知り(笑)、
だったらと美術史を専攻し、
特に美術とは関係ない現職場に就職したのも、全て生まれた時からそうなるように決まっていたのだろう

『君の名は。』を見てから特にその思いが強まった

基本的に自分の人生に於いて間違った選択をしたと思った事がないのである

何がトリガーとなってその人の運命が左右されるのか分からないから、
今いる二人の娘がどのような運命を歩むことになるのか、
非常に興味深く、かつ暖かく見守って行きたいと思う
IMG_7621-6
Canon PowerShot G7X


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : センター試験 大雪 受験 運命

小室哲哉と吉田拓郎[2018/1/3]

平成30年1月3日

フジテレビ系『ビートたけしの私が嫉妬したスゴい人』という番組に大好きな小室哲哉(以下TK)が出演し、
自身が嫉妬した人物をふたり挙げた

ひとりは「坂本龍一」
これはまあ分かる

そうしてもうひとり
それは「吉田拓郎」であった

TKとは全く音楽性の異なる吉田拓郎
しかし僕もそうだったのだが
坂本龍一、すなわちYMOにハマるとどんどん音楽の歴史を遡りたくなってきて
結局フォークに辿り着き、僕も吉田拓郎を聴いていた

TKは「吉田拓郎の音楽は、曲を聞いただけで情景が浮かんでくる。『旅の宿』がそうだ。温泉宿の光景が浮かんでくるだろう。それをオマージュして作った曲が『WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント』である」と語る

まさにそうだ
吉田拓郎の曲を聞くと、
『夏休み』は田舎道で麦わら帽子を被って虫取りしている少年が駆けている光景が浮かんでくるし、
『落陽』なら港の光景、
『祭りのあと』なら、誰もいなくなった神社が脳裡に浮かぶ

その番組内での結論は「全盛期、若き日のTKは大好きだった吉田拓郎から叩きのめされた」
「その十余年後、斜陽の一途を辿っていたTKは吉田拓郎と再会、ただ抱きしめられ泣いた」という内容だったのだが、
僕はそれよりも、敬愛するTKが同じく吉田拓郎ファンだったという事に嬉しさを感じずには居られなかった
(僕のようなアラフォー世代だと、吉田拓郎と言えば『LOVE LOVE あいしてる』とか「KinKi Kids」のイメージが強かろう)

どのように全盛期のTKが吉田拓郎から叩きのめされたのかは、Google検索で「小室哲哉 吉田拓郎」で検索すると色々出てくるので、気になる方はそちらを参考にされたし
P_20180103_091142_vHDR_On-1
ASUS ZenFone3 Laser


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : 小室哲哉 TK 坂本龍一 吉田拓郎 音楽 YMO フォーク

寝正月[山形県酒田市・2018/1/1]

平成30年1月1日

今日は9年振りくらいの珍しさで仕事が元日休みであったため、
朝もゆっくり起き、
昨晩長女と約束して果たせなかった初詣に一緒に行き、
道中チワワに吠えられ号泣し、
そのまま奥方の実家でご馳走に舌鼓を打ち、
昼からビールやら焼酎やらを飲み、
そのまま長女と昼寝をするという、
極めてだらけた、絵に描いたような寝正月を断行した
たまには宜しかろう
IMG_7588-1
Canon PowerShot G7X

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 山形県 酒田市 神社 八幡町 一条八幡神社 初詣 正月 元日

寒波の日にカメラ散歩[山形県酒田市・2017/12/27]

平成29年12月27日

こうでもしなければネタがないのだ
猛吹雪の日にカメラを持って散歩に出かける
ここのところ慢性的なネタ不足に悩まされている
IMGP6426-3

最近ブログを更新する気力もなくなっちゃって、
このまま止めちゃおうか、なんて考えたりもする
ただ根性だけで続けている状況
IMGP6430-4

ただでさえ冬は雪に阻まれ行動範囲が狭まるから写真のストックが少なくなりがちだ
このように自宅または職場の近くを、暇を見つけては首からカメラをぶら下げてほっつき歩く日々が続く
IMGP6444-6

夏場だと、その辺の田舎道で車を走らせている最中、ちょっといい風景を見つけたら
路肩に車をちょいと停めてぱちりとやる事ができるのだが、
冬は往々にして路肩に雪があるでしょう
それも叶わず、そんな風景を見つけても指を咥えて通り過ぎる他ないのだ
悲しい
IMGP6446-7
PENTAX K-3 + TAMRON AF 18-200mm f/3.5-6.3[IF] MACRO ASPHERICAL LD XR DiII


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 山形県 酒田市 寒波 吹雪 雪煙

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる