Asahi PRIME TIME

日本のビールは、余計なものが入っていますね。

原材料の欄を見るとわかります。
米やコーンスターチなどがそうです。

しかしビールの本場、ドイツでは
「大麦・ホップ・水」しか使ってはいけないというきまり「純粋令」があります。

にほんのビールでは、有名どころでそれを守った作りをしているのは、
サントリーモルツだけだったのですが、
今日見つけた、
アサヒの『PRIME TIME』

アサヒプライムタイム

これも、そうでした!!
原材料は、大麦・ホップ・水。

飲んでみると、とってもまろやか。
苦みもあまりなく、泡はきめ細かくてクリーミー。
女性が好きそうな味だなぁ、という感じでした。

最近第3のビールばかりだったので、
いい刺激になりました。

アサヒ プライムタイム350ML6缶パック
アサヒ プライムタイム350ML6缶パック


スポンサーサイト

五月晴れ

今日の庄内は五月晴れ。

仕事の関係で鶴岡へ行ってきましたが、
北に鳥海山。
南に月山。
遠くにはっきりと、拝むことができました。

ついでだと思い、
鶴岡の湯野浜海岸沿いのルートを通って鶴岡市内へ。
遠回りではあったのですが、
日光が日本海にキラキラと反射し、光り、
とてもきれいで、思わず車を停めて、パチリ。

6月の日本海


豪遊

今日は、なかなか精力的に遊んできました!!

まず、ランチで秋田県大館市の『えんとつ』というお店へ。
えんとつ

その名の通り、煙突が目印。
ちょっと市内からは外れた所にあるにもかかわらず、
毎日ランチタイムには満席!!
だそうなので、11時ころに出発し、
ちょっと早いランチにしました。
が、もうすでにお客さんが3組も!!
びっくりです。
僕は鶏肉のバターしょうゆ炒め。
一緒に行った人は、ハンバーグのホワイトソースかけをオーダー。
えんとつ_鶏肉ランチ

デミグラスソースもあったのですが、
ハンバーグにホワイトソースって、珍しいなー、と思ってこっちを注文。
なるほど、混むだけあるわ、といった感じ。

ちなみに、ここのお店、
秋田県北部を主に配布している『isube(イスベ)』というフリーマガジンがあるのですが、
そこの営業の方に教えてもらったそうで。
さすが、いろいろな美味しいお店を知ってるんだなぁ、と感心。

そのあと、何と、男の分際でフェイシャル・エステなるものに初挑戦。
一緒に行った人が常連だというので、むりやり連れて行かれたのです。
感想は、と言うと、「超、気持ち良い!!」
お肌がツルツルになって帰ってきました。
敢えて、ここの店名は書きません。
終わった後に、自家製ケーキ(今日はバナナシフォンでした)を頂きました。
趣味で作っているだけだ、と言うものの、
普通にケーキ屋できるんじゃないかと思うくらいの美味しさ。

そしてその後、
大館に新しくできた、某大手ショッピングセンター内のマッサージ店で、リフレクソロジーを。

その前日は、僕と今回一緒に行動してくれた人がやってる『andante(アンダンテ)
』というお店で
ゲルマニウム温浴をやらせてもらいました。
最初の10分間は「なんだ、こんなもんか」と思いましたが、
後半にきました~。
毛穴という毛穴から、汗がバーっと噴き出してきたのです!!

そんな感じで、とっても美容三昧な休暇を過ごすことができたわけです。
が、心のデトックスもしてもらいたいと、
相変わらず、思っているのでありましたとさ。


帰省

初めての携帯からの更新。
明日から仕事が2連休なので、地元・秋田県に帰省しました。

最近、精神的に病んでおります…。

辛い事、嫌な事に直面したとき、よく人は「立ち向かえ」という言葉を、安直に口にします。
しかし、確かに「立ち向かう」事は、美化されがちですが、多大なストレスがかかります。

僕はその「ストレス源」から、敢えて「逃げる」ようにしています。

さすがに、いつも逃げるわけではなく、またやみくもに逃げているわけでもありません。

自己解決できる考え・実力を得る事ができる日まで、放っておくのです。

無理に頑張っても、精神を細らせるだけ。出来る時を迎えたら、やってみる。

まあ、それまでには、別の努力を要するわけですが。
この考えに批判は多いでしょうけどね。


ダウらんど

今日は、秋田県大館市の『ダウらんど』という喫茶店でランチ。

ランチメニューは「から揚げ」と「ハヤシライス」でした。
本当は「から揚げ」にしようと思ったのですが、
売り切れてしまっていて残念…。
行ったのが1時半過ぎだったので、仕方ないか…。
店内はとても混み合っておりました。

というわけで、ハヤシライスのランチを注文しました。
ダウらんど

\800で、サラダとコーヒー付き。
久々に美味いコーヒーを飲んだ感じがしました。
ご主人はとっても愛想の良い方で、
気さくに話しかけてくれるので、初めて行ったのですがとても気持ちよく食事をすることができました。

ところで、このお店。
ギャラリーも兼ねているらしく、
期間によって、お店に陳列されているものが変わるみたい。
今は、ビーズ・アクセサリーの展示会をやっていました。
7月15日からは、「ドライフラワー&ミニチュア展」を開催するようです。

場所はいとくショッピングセンターの隣なので、分かりやすいのではないでしょうか。




仕事がはかどる技術

『THE 21』(PHP研究所)7月号の中の記事から引用。

早稲田大学商学学術院教授で
「ボストンコンサルティンググループ」シニアヴァイスプレジデントの
内田和成氏。

彼は、3カ月のプロジェクトにも2週間で答えを出すという。

内田氏が言うには、仕事が早い=作業が早いではないという。
いくら作業が早い人でも、今の3倍の速さでやれと言われれば不可能だからだ。

では、どうやって仕事のスピードを3倍にするのか。

仕事の量を3分の1に減らせばいいのである。
つまり、3つの仕事があったら2つはやらない。
こうすると、仕事の速さは3倍になる。

しかし、ただサボれ、手を抜けというのでは決してない。
例えば「○○について調べ、リストを作っておいてくれ」と言われたとする。
やみくもに調べると、膨大な時間を費やすこととなる。
そこで、「リストの目的はなんですか?」と尋ねてみる。
そうすると、「今度××を依頼する会社を調べようと思っている」という答えが返ってくる。
そしたら、その××に当てはまることだけを調べれば済むのである。
もしも、自分がそのことを知っているなら、リストを作らずにこちらから提案すれば良い。
これによって、リストを作る時間の節約になるのだ。

下に、仕事が早い人と遅い人の例を挙げてみる。
あなたはどちらに当てはまるだろうか?

★仕事が早い人(幸福のサイクル)
1.仕事の進め方を、まず考える。
2.効率的に仕事が進む。
3.よい結果が出る。
4.喜ばれる。認められる。
5.楽しい。嬉しい。
6.1に戻る。(繰り返し)

★仕事が遅い人
1.とりあえず仕事にとりかかる。
2.膨大な作業の海に溺れる。
3.時間をかけても成果が出ない。
4.けなされる。ハッパをかけられる。
5.疲れる。焦る。頭が回らなくなる。
6.1に戻る。(繰り返し)


ところで、現在20代半ば。
30歳も目前に迫っていています。
そろそろ、長期的ビジョンでこれからを考える時期にきたかな?と思い始めました。
日数で計算すると、あと1,500日も無いわけなんです。
かつて「気楽な稼業」と謳われたサラリーマンである今こそ、
自己投資をしっかりし、長期計画を立て、
目標に向かわないといけないな、と思っています。
そのためには、通常業務もこなしながら、自分の勉強もしなければならないのです。
効率の良い仕事を心掛け、
極力、勉強に時間を費やして、来るべき30歳に備えたいと思っています。

仮説思考
仮説思考


就職戦争

インテリジェンス(社長:鎌田和彦)という会社があります。
就職支援や人材派遣などの事業を行うベンチャー企業。
しかしながら、2006年度は286人もの新卒を採用。

今、就職氷河期と呼ばれた時代も終わりを告げ、
バブル期を思わせるような大採用時代に突入したと言います。

同社新卒採用チーム マネージャー 上原隆氏。
彼は、大手から内定が出ている学生をも、
どんどん獲得していくほどのカリスマ性を持っています。

採用担当が、いかに学生ウケするのか。
優秀な人材を集め、ライバル企業に奪われないようにするには、
採用担当がアグレッシブでなければいけません。

学生は、当然ですが働いたことがありません。
働いてもいない人間には、「志望動機」などあるはずもない、と言います。
ただ「やる気」があるかどうか、だと。
志望動機なんて、後付けで何とでも言えますから。


独り酒

酒田の『ルクセンブール』というバーへ行ってきました。

今日は仕事でとってもイヤな事があり、
かつ給料日だった関係で、
どうしても酒が飲みたくなったのでした。

飲んだお酒は、
「ギネスビール」→「バランタイン」→「タリスカー」という麦コース。

独りで2時間半も居座ってしまいました。


ダンヒル・エディション ヘアトニック

以前、なかなかいい香りのヘアトニックに出会えない、
というお話をしましたが、
探してやっと見つけました~。

ダンヒル エディション ヘア トニック 100ml 
ダンヒル エディション ヘア トニック 100ml 

シセイドウメン 薬用スカルプトニック(200ml)
シセイドウメン 薬用スカルプトニック(200ml)

前者はなんとかなりそうだけど、後者はちょっと高いです…。

両方とも香りは知ってるのですが、
エディションは、シプレーをちょっと爽やかにした感じ。
グリーン系に近いかも。モスとかが効いているような…。
キリっとしてて、りりしい感じの香り。

シセイドウメンは、メンズにしては優しい香り。
レディースほと甘くフローラルな感じではないですが、
女性が付けてもおかしくないような、上品な感じ。
でも、個人的にはラストのムスクが強すぎて苦手…。

香水と、そのボディラインは若干香りが違うので一概には言えませんが。
買うとしたらエディションかなぁ。




いろいろな人が勧めている…

いろいろな人が勧めている本がありまして、
僕も興味が出てきたので読んでみることにしました。

想い

『想い 三茶の焼肉、世界をめざす』
著者:西山知義

読んだ後、感想を書いてみようと思います。


カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる