スパイス

昨日の朝の某情報番組で
「今、スパイスがブーム」みたいな事を取り上げていました。

・赤唐辛子
・ターメリック
・クミンシード

この3つがあれば、だいたいの料理が本格的に仕上がるのだとか。
夏の食欲減退にも効果があるみたいです。

もちろん、その日の晩は、スーパーでまとめ買いです。


スパイス&ハーブの使いこなし事典


スポンサーサイト

冷やしシャンプー

先日の「ケンミンショー」で、
「山形県には冷やしシャンプーというのがある」と放送していましたが、
本日、酒田のドラッグストアで見つけました。
しかも名古屋のメーカー…。
今夜早速使ってみます。
使い心地が楽しみ…




平田ケンチャン

今日は初・平田ケンチャンへ行ってきました。
いつも僕が行く日に限って臨時休業で、そんなに遠くないのに、いつ行っても食べられなかった、平田店。
遂に制覇。
これにて、ケンチャンラーメン全店制覇を成し遂げました。
次は全味付けを極めたいと思います。
(薄口、濃口、油無し、油っぽくの組み合わせ)


屋台村

山形市へ出張していた時
先月末にオープンしたばかりの屋台村へ行ってきました。

本当なら17店舗くらい入店する予定だったらしいのですが、
現在は5店舗しか入っていませんでした。
夜10時過ぎくらいに行ったのですが、それでもこの賑わいぶり。

屋台村のこんな雰囲気大好きなので、いつでも行ける山形の人が羨ましいです。


文具王

今日は日帰りで東京出張です。

何と、今回行った会場に、文具王の高畑氏が!

アイディア文具の魅力を伝える講演をするのだとか。
もちろん最初から最後まで、メモを取りながらじっくり聞かせていただきました。

高畑氏がこれから注目しているアイテムは「ホワイトボード」だそうです。
あと、プチおたくさんが取り上げていた、ポケットになる付箋も紹介していました。

いやぁ、まさかこんな事になるとは思ってなかったので嬉しかったです。

ちなみに、しっかり自社製品のセールスもしてました。


皆既日食

一日遅れでこのことを書くのですが
昨日、会社の窓から、しっかりと皆既日食を見ることができました!
とても嬉しく思っています。

まず、その時間に商談や会議などが入らず、ゆっくり観察できたこと。
そして、悪い天気だったにもかかわらず、何とか見ることができたこと。
この2点がラッキーでした。

しかも、逆に天気が悪いのが幸いし、
程よい暑さの雲を、太陽が通り越して、
日食メガネがなくても、肉眼でしっかりと、欠けた太陽を見ることができました。

今回は、インドから始まり、中国・上海を通過して日本へ、
というルートだったと思うのですが
もしもその途中に、未開の地があって、
当然そこの住民は日食なんてことは知らないわけで、
昼間に太陽がいきなり無くなって、それが6分も続いたら
これは世界の終わりだ、と大慌てするんだろうな、と思いました。

記紀神話の中でも、アマテラスが天の岩戸に隠れた時は日食だったという説がありますが
それと同様のことが起こりえるのだろうと思い、いろいろ考えてしまいました。



最近の酒のつまみ

トスティートス サルサソース ミディアム


ドリトス ナチョチーズ味


最近上のふたつを買って、酒のつまみにしています。
ソースはアメリカ製だから、クセがあるのかなと思いましたが
意外と食べやすい味でした。
美味しかったです。

なんとなく、コロナとかに合いそうな雰囲気。


羚??絮

月山から下山した後、国道112号線を山形方面へ少し向かって
「口之宮 湯殿山神社」へ。
口之宮 湯殿山神社

この道は割と頻繁に通るので、この神社の存在は以前から知っていましたが、きちんとお参りするのは初めて。
神社に人がいる気配はなく、参拝者も僕一人だけだったにもかかわらず
手水舎の水は途絶えることなく、とてもきれいでした。

その後、来た道を引き返し、「湯殿山神社」へ向かいました。
湯殿山神社_2

湯殿山神社_1

湯殿山神社は「語るなかれ」「聞くなかれ」と戒められており、
写真撮影はおろか、神域内での出来事は一切他言してはいけないそうです。
しかし、公式サイトやパンフレットには結構情報が掲載されています(笑)
http://www.dewasanzan.jp/index.html

こちらでも参拝の後、御朱印を頂いて、湯殿山を後にしました。
御朱印_湯殿山神社

この時、時間はまだ13時。
早起きすると活動できる量が違いますね。


月山

7月11日、なぜか朝4時頃目が覚めました。
普段なら二度寝するところですが、そこでひらめいたのが
「そうだ。月山へ登ろう。」
実は以前から、月山か鳥海山、どちらかに登ってみたいと思っていたのです。
が、なかなか機会に恵まれず。
「その機会こそ今日!」と、すぐさま準備を始め
朝6時前、山形県の西川町にある、姥沢の月山登山口を目指したのです。

登山は小学校6年生の時、遠足で地元の山「八幡平」に登った時以来。
こちらは確か、標高が1500m程度で、山頂がどこにあるか分からないほどなだらかな山なのですが、それでも山は山。
その時全く疲れた記憶がなかった僕は、月山も簡単に登れるだろうと思っていました。

僕が幾つかある登山口の中から、姥沢の登山口を選んだのは、そういう理由から。
実は、この登山口、距離は最短ですが、最も急傾斜なのです。

7時、姥沢の駐車場から、徒歩で山の入り口へ。
ここで入山料200円を支払います。山の美化に利用されるそうです。
リフト乗り場まではすぐ。1000円で大人往復券を購入。
こちらの売店に「貸しアイゼン」がありました。
「レンタル料500円 保証金1500円。本日中に返却されれば保料金はお返しします」とのこと。

「アイゼンって。もう7月だし」と、そこは無視。

リフトで一気に登ります。
リフト

で、登ってみて、愕然…
雪、雪、雪…。
雪の上を進む
アイゼン、借りておけば良かった…。

仕方がないので、靴のエッジを効かせ、スキーで良くやるように、
足をハの字にしたり、斜面に対して横向きになって登ります。
でも、風景は素晴らしい。
高原と池

雪渓とリフトの駅

雪の残る山肌

周りの登山者は、ほぼ高齢者ばかり。
「僕でもキツイのに、みんな、すごい」と思いながら、
それでもまだまだ若いので、スタスタと頂上を目指します。

麓から見る月山はとてもなだらかなのですが、やはり高山でした。
登山道はかなりハード。ちょっと登ってみようか、というレベルではありません。

それでも何とか山頂へ到着。
麓は晴れでしたが、山頂は霧、かつ暴風。
山頂付近の山小屋を経由し、
山頂付近の山小屋

「八紘一宇」と書かれた石碑を左側に見て、
八紘一宇の石碑

ようやく着きました。
標高1984m。
山頂の「月山神社」です。
月山神社_1

月山神社_由緒

月山神社_2

こちらは戦前、東北地方では唯一の「官幣大社」に列せられていた神社。
境内は神域との事で、内部は一切撮影禁止です。
入ってすぐの小屋で、修験道の人が持っているような、「金剛杖」という物を1000円で頂ました。今後はこれに焼印をしてもらい、登山の記念になります。

境内へは入るには、入り口でお祓いをしてもらわないと入れません。
500円納めてお祓いしてもらいます。
そしてやっと境内へ。
月山神社は月読命を祀っています。
出口で御神酒をいただき、授与所で御朱印と、登頂記念のステッカー、御守の木札をいただきました。
御朱印_月山神社

下山は登りに比べ順調。
杖も頂いたので、雪渓も順調に下る事ができました。

僕が下った頃は登山者が増えてきて
途中で色々な方から
「上の天気は?」
「あんた、若いから元気だね!」
「○○(場所の名前)まで、あとどれくらい?」
「雪は残ってる?」
などなど、質問攻め。

でも、登山者の皆さんと挨拶を交わしている内に、何だか清清しい気持ちになってきました。

そうして10時40分、下山。

この日はこれから湯殿山を目指しました。


最近とても重宝している物

昨日からのゼブラつながりで。
最近仕事でとても重宝している物が
ゼブラ マイルドライナーのグレー。


TO DOリストなんかで、完了した部分を塗りつぶすのに、
程よく目立たなくて、うるさくなくて、とっても重宝。
買った当初は、まさかこんなに手放せない存在になるとは思ってもいませんでした。

昨日行ったISOTでも、メインのコーナーで大々的にプロモーションをしていたので、ゼブラの力の入れようが分かります。


カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる