酒田市内(旧八幡町・遊佐町)神社巡り その3

大物忌神社を出て北東の方角へ向かってみます。
この道は初めて通る道です。
途中、石碑群と桜と鳥海山が一緒に見られる素敵なスポットがありました。

20100427_20_遊佐_鳥海山と桜

たどり着いた先は杉沢という集落。
ここには「鳥海山一合目」という案内を掲げた熊野神社がありました。

20100427_21_杉沢_熊野神社_鳥居

20100427_22_杉沢_熊野神社_拝殿

ここが鳥海山の1合目。何だか不思議な感じです。

ここから遊佐の町内へ戻ります。
途中にはきれいなお花畑が。

20100427_23_遊佐_花畑

今日は風が強くて目にゴミが入り大変でした。
帰る頃になって天候が悪くなってきたので、早めに行動を開始して満足です。
久々にきれいに晴れた日に神社巡りができて、とっても楽しい一日でした。


スポンサーサイト

三崎公園にて奥の細道を歩く その4

三崎公園公園を後にして、国道7号線を歩き車を停めた山形県側へ戻ります。

20100420_21_県境_山形

振り返って、秋田県側もパチリ。

20100420_22_県境_秋田

車に乗って酒田へ戻ります。
途中に石原莞爾の墓所があります。
立ち寄ってみる事にしました。
石原莞爾は酒田の南隣、鶴岡の生まれです。
晩年は墓所のある、この辺りで過ごしていたようです。

ここは国道7号線を慎重に走っていないと見過ごしてしまうほど、
ひっそりと入り口が存在します。

20100420_26_石原莞爾墓所_4

車が決してすれ違えない程細い坂道をちょっと登れば、
墓所のある広場が見えてきます。

20100420_23_石原莞爾墓所_1

記帳するノートが置かれた机には、一緒に石原莞爾が生前実際に使っていた椅子が置かれています。

20100420_24_石原莞爾墓所_2

20100420_25_石原莞爾墓所_3

ノートを見ると、結構遠くから、毎日誰かが訪れているようです。
とてもきれいに管理された墓所でした。
石原莞爾関連の著書も販売されています。
売上金は墓所の清掃費用として充てられるようです。


終わり。


酒田市内(旧八幡町・遊佐町)神社巡り その2

ようやく目的の神社、飛澤神社へ到着です。

20100427_10_麓_飛澤神社_鳥居

20100427_11_麓_飛澤神社_拝殿

こちらはさすがに歴史がある神社だけあって、境内が広い。
小高い丘の上に鎮座しているので、少し石段を登らなければいけません。
神社裏の森でガサッと音がして、何かと思ったら
鳶が蛇をくわえて飛び去って行きました。びっくりです。

その後は遊佐のケンチャンラーメンで昼食を食べ、
これまた久々、旧国幣中社である鳥海山大物忌神社の蕨岡口の宮へ行ってみる事にします。
出羽国一宮である大物忌神社には、口の宮が2箇所あります。
もう1箇所は遊佐町吹浦に、そして残りの1箇所が蕨岡です。
こちらには神職さんが常駐していないので、御朱印を貰う際は予め連絡が必要になるようです。
ちなみに僕はまだ、こちらの御朱印は貰えていません。

向かう途中の山の風景。
ところどころの桜がきれいでした。

20100427_12_遊佐

20100427_13_蕨岡_大物忌神社_鳥居

20100427_14_蕨岡_大物忌神社_社号額

20100427_15_蕨岡_大物忌神社_拝殿

20100427_16_蕨岡_大物忌神社_桜_1

20100427_17_蕨岡_大物忌神社_桜_2

20100427_18_蕨岡_大物忌神社_桜_3

20100427_19_蕨岡_大物忌神社_桜_4


続く。


三崎公園にて奥の細道を歩く その3

歩いて県を越えると、旧道(奥の細道)の入り口を見つけました。


「昔はここを松尾芭蕉とか、様々な旅人が歩いていたんだなぁ」などと思いにふけっていると、
先ほどの観光客がぞろぞろ、ぞろぞろと。
仕方がないから道に端に寄って通り過ぎるのを待っていたら、
観光客のひとりが、
「兄ちゃん、かなり人数いるから、しばらくかかるよ!」

本当に観光客の列はなかなか途切れませんでした…。

20100420_13_三崎公園_旧道

ちょっと進むと大師堂(三崎神社)が。

20100420_14_三崎公園_大師堂(三崎神社)

かなり落書きされていました。
落書きの中には「戦前のものでは?」と思われるような内容の物も。
良く分かりませんでしたが。

大師堂の上には西南戦争の戦没者供養塔がありました。
この辺も西南戦争の戦場だったようです。

20100420_15_三崎公園_戦没者供養塔

傍には例の灯台が。

20100420_16_三崎公園_三崎灯台_1

20100420_17_三崎公園_三崎灯台_2

20100420_18_三崎公園_三崎灯台_3

旧道へ引き返し
そのまま旧道を秋田県側へと進みます。

一里塚の跡がありました。

20100420_19_三崎公園_一里塚

そして秋田県側です。
案内板が建っていました。

20100420_20_三崎公園_案内板


続く。


三崎公園にて奥の細道を歩く その2

山形・秋田の県境、三崎公園に着きました。
車を駐車場に停めて遊歩道を歩きます。

20100420_06_三崎公園_遊歩道_1

20100420_07_三崎公園_遊歩道_2

20100420_08_三崎公園_遊歩道_3

20100420_09_三崎公園_遊歩道_4

20100420_10_三崎公園_遊歩道_5

遊歩道より少し上がった場所に灯台が。
そこにはたくさんの観光客がいるではないか!
こんな日にこんな所に来るのは僕くらいのモノだと思っていただけに、かなりびっくり!

歩いて県を越えました。

20100420_11_三崎公園_遊歩道_6

あまり天気は良くないですが、海岸線がきれいに見えます。

20100420_12_三崎公園_遊歩道_7


続く。


三崎公園にて奥の細道を歩く その1

今日は山形県と秋田県の県境に位置する三崎公園へ向かいます。
せっかくなので極力羽州浜街道に沿った形で北上する事にしました。
街道沿いには神社がたくさんあるからです。

大谷地という集落の皇大神社です。

20100420_01_大谷地_皇大神社_鳥居

集落名は不明ですが、大谷地より北の集落にある江地神社です。

20100420_02_江地神社_鳥居

20100420_03_江地神社_社号額

北目という集落の宇夫須那神社です。
「うぶすな」って読ませるのでしょうけれど、
この名前、この当て字の雰囲気、いかにも神社っぽくてなかなか好きです。

20100420_04_北目_宇夫須那神社_鳥居

境内には桜が。

20100420_05_北目_宇夫須那神社_桜


続く。


酒田市内(旧八幡町・遊佐町)神社巡り その1

今日の午前中はとっても良いお天気。
天気予報によれば午後から天気が崩れてくるとの事だったので、
午前中に神社巡りをする事に決定。
目的地は旧八幡町観音寺字麓にある式内社で旧郷社の飛澤神社。
以前も参拝した事はありましたが、その当時はカメラを持ってなく、
携帯カメラので撮影でしたので、改めて。

酒田からまずは東に向かいます。
途中、大多新田という集落に四所神社を発見。

20100427_01_大多新田_四所神社_鳥居

20100427_02_大多新田_四所神社_拝殿

神社巡りの基本は「大きくてまっすぐな、最近の道は走らない」事。
細くてくねくねした道には大体神社があります。
見つけた時は、読みが当たってとても嬉しくなります。

今日は鳥海山がとてもきれいに見えました。

20100427_03_鳥海山と田んぼ

ちょっと寄り道して、変な道に入ったら、手蔵田という集落にたどり着きました。

ここには総宮神社という神社が。

20100427_04_手蔵田_総宮神社_鳥居

20100427_05_手蔵田_総宮神社_拝殿

ここへも以前一度訪れた事がありますが、確かその時は雨降りだった筈。
晴天時にまた来られて良かったです。

その後どんどん東へ向かうと横代という集落へ。
メインの通りから集落の方を見たら鳥居が見えたので
早速そちらへ行ってみる事にしました。

あったのは熊野神社

20100427_06_横代_熊野神社_鳥居

鳥居を入ると、すぐ参道が左にカーブして拝殿へ向かいます。

20100427_07_横代_熊野神社_拝殿

神社裏の田んぼの風景。鳥がお食事中のようです。

20100427_08_横代_熊野神社_鳥

神社前の通りは桜がきれいに咲いていました。

20100427_09_横代_熊野神社_桜


続く。


影響されやすく

影響されやすい僕は、早速書店へ。

するとMONO MAGAZINE (モノ・マガジン) 2010年 5/2号 [雑誌]で、



こんな特集が。
いやあ、運が良い。

すぐ隣にはmono STYLE OUTDOOR(no.5)という本も。



ついまとめて買ってしまいました。
これから研究の日々が続きます。


アウトドア用品が欲しくなってきた

昨年末~今年初めくらいから「山ガール」とか「登山女子」とか耳にするようになりました。
ランドネ(no.4)という雑誌も出ていますし。




アウトドアっぽい雰囲気のアイテムを合わたファッションをする女性、
または実際に登山をするのだが、従来の地味なアイテムではなく
登山用品でもおしゃれを楽しむ女性の事を、そのように呼んでいるようです。

僕は今までいわゆるアウトドアにはほとんど興味がなかったのですが、
最近
・神社
・写真
・一人旅
に興味が出てきたので
その流れでトレッキングシューズ等も買う必要性が出てきました。
神社の奥宮は高山の頂上に鎮座している事が多いからです。
(去年、月山神社参拝の為、軽装で月山に登って、まだ雪が残っていて痛い目にあったので…)

また最近読んだ、アンギャマン(リアル遠足伊勢巡礼編)の中で、



章と章の間のコラムで
一人歩き旅の持ち物などの紹介をしていて、それに触発されたというのもあります。

登山メインで考えるか、歩き旅メインで考えるかで、
多少揃える物も変わってはくるみたいですが、
とりあえず「靴」と「ザック」は押さえておきたいな、と。

ザックは何リットルの物を購入するか検討中ですが、
靴に関しては何となく
↓これが良さそうだなぁ、と思っています。色がきれいだな、と単純な理由で。


「送料無料」Columbia[コロンビア]Men's San Gil Omni-Tech Begonia[メンズ サンギル オムニテ...

トータルでそろえると10万円くらいにはなりそうなので、
よく吟味して選びたいと思います。


龍上海

新横浜のラーメン博物館に龍上海があるという噂を聞いて以来、
龍上海のラーメンが食べたくなって、セブンイレブンでカップラーメンを買ってしまった…。

実は赤湯の本店には行った事がないのですが、
少なくとも山形駅前の店の味にはかなり似ています。

このカップラーメンはエリア限定らしいので、どこまでの地域で販売しているのかはわかりませんが、もし見つけたらぜひ。



龍上海「山形赤湯からみそラーメン」3人前【中太麺・スープ・辛味噌付】山形のご当地ラーメン


カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる