毛馬内(けまない)の盆踊り

夏季休暇中の帰省最後、8月21日の夜ですが、
生まれて初めて、秋田県鹿角市の毛馬内という地区に伝わる
毛馬内の盆踊り」というのを見に行ってきました。


IMGP4020.jpg


こちらは国の重要無形民俗文化財に指定されている盆踊り。
8月21日~23日の3日間行われます。
(最終日だった今日は、どうやら雨のため、
屋外ではなく十和田高校の体育館で開催されたようです。)

始め、呼び太鼓という、太鼓の曲が奏でられます。


IMGP3608.jpg

IMGP3547.jpg


その後大の坂踊りという、太鼓と笛での踊りが。


IMGP3894.jpg


地元の友達は「退屈だ」と言いますが、
僕はその音色がとても神秘的で、また踊りも艶やかで、結構気に入りました。

この後、踊りは唄のみで踊る「甚句踊り」へとつながっていきます。


IMGP3944.jpg


かつて鹿角市は、今では秋田県でありながら、南部の領土(飛び地)であり、
また津軽の国とも接しており、
藩境の争いが多かったため、
婦女の略奪を避けるために変装した名残で、
このような独特な頬被りになったのだそうです。
物騒な由来です。


IMGP4143.jpg


秋田県三大盆踊りのひとつに挙げられています。
あとふたつには、
有名な「西馬音内(にしもない)盆踊り」、
「一日市(ひといち)盆踊り」があります。


IMGP4166.jpg

IMGP3798.jpg

IMGP3755.jpg

IMGP3864.jpg



蛇足ですが、
最寄にJR花輪線の十和田南駅という、
平地にもかかわらずスイッチバックの、ちょっと変わった駅があるのですが、
この駅は大昔「毛馬内駅」と言ったそうです。
それを観光の為か「十和田南」に改称してしまったのだとか。
かの宮脇俊三氏もその著書の中で「前の駅名が良かった」と、
その改称を改悪の一例として挙げていたのを、この地に来る度思い出します。

花輪線は高校時代、通学のため毎日利用していて、
この「十和田南駅」も毎日通っていました。
とても懐かしい場所なのです。

ちなみにこの駅が、平地なのにスイッチバックであるのは、
本来ここから三戸方面に伸ばす予定だったからだとか。



スポンサーサイト

花輪ばやし 2011

今年も8月19日~20日の2日間、
故郷・秋田県鹿角市の花輪地区で行われる
花輪ばやし」へ行ってきました!!

関善酒店の前を通り、大町方面へ向かいます。


RIMG2622.jpg


こちらは新町。






こちらは新田町。





谷地田町です。





提灯を持った祭の男たち。





JR花輪線の鹿角花輪駅から大町方面へ真っ直ぐ伸びる道は、
祭りの2日間はこんな感じで露店が立ち並びます。





花輪ばやしの神様を祀る「幸稲荷神社」の鳥居。
この鳥居の前で「赤鳥居詰」という神事が行われます。





この後21日未明まで祭りが行われます。
花輪ばやしは夜通し行われるお祭りなので、
参加者はもちろん、見物客も相当疲れるのです。

また来年!!


奥入瀬渓流

秋田の実家へ帰省中の今日は、
十和田湖の近所、青森県の奥入瀬渓流へ。

実家は秋田県なのですが、かなり北の方なので、
奥入瀬まで何と車で1時間です。かなり近い!

十和田湖の観光客はまばらでしたが、
奥入瀬はかなり賑わっていました。
昼間でも気温は18度とか。肌寒いくらいでした。

奥入瀬渓流 その2


奥入瀬渓流 その1


こちらは「寒川の流れ」です。

寒川の流れ(奥入瀬渓流)


玉川温泉~田沢湖 御座石神社

今日もロングドライブしてきました。
昨日までで930kmほど走ったのに、今日も400km走りました。
オイル交換しないとなあ。

今日は玉川温泉へ。
ph1.2という強酸性のお湯。
源泉98℃という強烈なお湯です。

玉川温泉 その1


最近は放射線量の話題が多いですが、ここではガンガン放射線が出まくっているようです。
子どもの自由研究なのか、ガイガーカウンターを持って調査している親子がいました。

玉川温泉 その2


その後、「新玉川温泉」で入浴。


新玉川温泉


大浴場には
「源泉100%」「源泉50%」「弱酸性」のお湯があり、
一応100%と50%にも入りましたが、今日は専ら弱酸性にばかり入っていました。

その後は帰りながら途中田沢湖へ立ち寄り
湖畔の「御座石神社」へ参拝。
社務所が17時で閉まるらしく、ギリギリ御朱印書いてもらえました。

御座石神社 御朱印


御座石神社 拝殿


真っ青な田沢湖に赤い鳥居が映えてキレイでした。

青い湖面




信州の旅

長野県の事を「長野」と呼ぶと、
松本辺りの人が気分を害すと何かで見たので、
あえて「信州」と呼ばせてもらいますが、
8月10日~11日、暇だったのでつい信州まで行ってしまいました。
本当は会津地方を回って終わる予定でしたが、
新潟市まで行って、「会津ならいつでも行けるな」と考え、
信州まで足を伸ばす事にしました。

前から「諏訪大社」へは参拝したいと思ってたのです。
いざ来てみて初めて知りました。
諏訪大社には4つのお宮があるのですね。
大変でしたが全て参拝しました。

伊勢神宮のように、本来は参拝の順序があるのかも知れませんが、
僕はとりあえず
下社秋宮→下社春宮→上社本宮→上社前宮
の順序で回りました。

写真は上社本宮。ちなみに旧社格は官幣大社です。

諏訪神社上社本宮


御朱印です。信濃國一宮です。

20110811_諏訪大社上社本宮


諏訪湖の写真もパチリ。

諏訪湖


その後、長野市で戸隠へ。
戸隠と言えば蕎麦というイメージでしたが、忍者も有名なんですかね。
忍者関連の施設やグッズをたくさん目にしました。

戸隠神社中社です。こちらの旧社格は國幣小社です。

戸隠神社中社


こちらも今日初めて知りましたが
今回参拝した「中社」の他に、「奥社」「宝光社」他があるのだそうです。
今回は時間の都合で「中社」のみの参拝。

こちらも御朱印です。
「戸」の文字が、とても味があります。

20110811_戸隠神社中社


酒田花火ショー2011

今晩は「酒田花火ショー」でした。
僕はいつもの通り、混む花火会場へは行かず、
市内某所から観覧です。

ここは花火会場からは相当遠いのですが、
行き帰りの車の流れも逆だし、
他に誰も来ないし最高の場所です。

モスバーガーをテイクアウトし、腹ごしらえしてから写真を撮りました。

酒田花火ショー2011 その1


酒田花火ショー2011 その2


酒田花火ショー2011 その3


酒田花火ショー2011 その4


玉簾の滝

今日は行った事がない神社を探してぶらぶらしていたら
酒田市生石の矢流川という地区の八幡神社というのを見つけたので参拝。

参道が素敵な雰囲気の神社でした。

生石矢流川 八幡神社


その後、鳥海山の滝ノ小屋口ってどんな感じかと思って
下見に行ってきました。
駐車場には車が10台くらい停まっていました。
今日はもう遅い時間だったので登るのはやめましたが、
この夏の内に一度は登ってみたいです。

山々


鳥海山雪渓


生石矢流川 八幡神社


その後は玉簾の滝へ。

玉簾の滝


今日は虹が出ていて良い滝でした。

虹


鳥居と狛犬


カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる