山寺 その3

ちょうど中間地点くらいでしょうか。
「せみ塚」です。

石仏

閑かさや岩にしみ入る蝉の声
この有名な句を詠み、その短冊を埋め、碑を建てたのに由来するのだとか。

石仏

卒塔婆

石仏

仁王門をくぐります。

仁王門

奥の院です。

奥の院

胎内堂。
案内板には「転落死する人が多かったため、今では一般の立ち入りは禁じられている」というような事が書かれていました。怖い…。

胎内堂

納経堂。重文です。
初めてPLフィルター使って空を撮ってみたのですが、確かにはっきりと空の青が出ますね。

納経堂

で、いちばん最後「五大堂」という所へ。ここは崖の上に建つ展望台みたいな場所。

山

遠望

ここから先へは進めないようです。ちょっと気になります。

危険

あとは撮ってきた写真を時系列順に適当に。

楓

苔と枯葉

屋根

賽銭

池

そんな感じで約1時間半。
門前町まで降りて来ました。

山寺の商店

太陽もすっかり低くなりました。

西日

今回は写真が多かったので、慌ててアップしたため、
Exifを画写真に載せるのを忘れてしまったのが反省点です。


スポンサーサイト

山寺 その2

山寺

登山口へ向かいます。

芭蕉と曽良の像。

芭蕉と曽良

山門。ここから有料。

山門

巡拝料は大人300円。

参拝料

…だそうです。

山寺の石段

ここからは石仏や石碑だらけの石段を登って行きます。

石仏

石仏

石仏

石仏

石仏

石碑

平安初期に彫られたものまで残っているんですね。すごいです。

磨崖仏

石仏

岩山

周りのご老人方の会話から
「疲れた」「登って来なけりゃよかった」「またここを降りなきゃならんのか」など
悲鳴にも似た言葉を聞き取る事ができました。
中にはお酒臭い人も(笑)
バスに揺られながら、一杯やって来たのでしょうな。


その2へ続く。


山寺 その1

山形県に住んで10年以上経ちます。
最初の4年間は山形市に住んでいました。
それなのに、有名な「山寺」という場所に、一度も行った事がなかったのです。

山寺を勧められた事、新しいカメラを買った事、
最近近場の観光地がマンネリ化していた事、紅葉の時期である事、などなど、
いろいろな事が重なって、今回初めて山寺へ行ってみる事にしました。

酒田市から旧八幡町を通って真室川へ抜ける国道344号。
かなり山深い場所を通るこの通り沿いの山々も、すっかり秋色に。

紅葉の山

新庄市から国道13号を南下し、天童市へ。
ここの「ABC食堂」というお店で「ヒレカツ定食ダブル」を食べます。

ヒレカツ定食ダブル

キャベツがてんこ盛りで、量的に後半かなりキツかったです。

で、何だかんだで山寺へ着きました。

山寺の町

ちょっと遠くの駐車場へ停めて歩きました。
今日はかなり寒かった…。
歩いている最中、ほとんど人に会わなかったので、あまり観光客がいないのかと思いましたが、
さすが山寺、本堂付近まで行ったらかなり観光客がいました。
そのほとんどが、ツアーのご老人方、そしてカップルばかり…。

日枝神社。

日枝神社 鳥居

日枝=比叡なので、山寺は天台宗系列の寺だという事が分かります。
日枝神社の御祭神である大山祇神は山の神様です。

日枝神社 拝殿

観光地の神社だけあって、神職さんが常駐していて、
御朱印も受けられるようでした。
まさかこんな事になっているとは思っていなかったので、
御朱印帳を持って来なかったのが悔やまれるところ。
(半紙でもらえば良かったのですがね)

日枝神社の隣が立石寺本堂(案内図では「根本中堂」)となっています。
重文だそうです。

根本中堂

なぜかスーツ姿のサラリーマン風の人がけっこういました。
山形市ということもあるので、営業の合間に観光にでも来ていたのでしょうかね。

立石寺本堂

根本中堂


その2へ続く。


Snuggle(スナッグル) ナチュラルエアーフレッシュナー

最近は「ファーファ」にハマっております。

ある雑貨店でこんなものを見つけてしまいました。

Snuggle NATURAL AIR FRESHENER

なんてかわいらしいのかしら。

輸入物だけあって、香りはかなりキツめ。
最初は車内の芳香と考え購入したのですが、
車の狭い空間で、これはかなり強烈。
結局自宅用にしたのであります。


田麦俣~七ツ滝~羽黒山

今日は、本当は有名な「山寺」へ行こうかと思ったのですが、
昨日の出張疲れで遠出をする元気がなく、
南隣の鶴岡市を散策してきました。

あてもなく車を走らせ、何おなくたどり着いたのが「田麦俣」の集落。

田麦俣の集落

「多層民家」というのが有名な場所です。

田麦俣の多層民家

その後もう少し山の方へ車を走らせると滝を発見。

七ツ滝

立派なカメラを持った方々が、ここにはたーくさん。
で、僕も写真を撮っていたら、
「新聞に見頃だと載っていたから来たんだけど、まだちょっと早かったねぇ」と言うオジサマとか、
「あんた、こっちキレイに見えるわよ。いらっしゃい!!」というオバサマに
いろいろ話し掛けられました(笑)

七ツ滝

その後は旧朝日町から旧羽黒町方面へ。
羽黒山へ向かいます。

羽黒山五重塔

ここでは国宝の五重塔を。
観光客がたくさんいました。

羽黒山五重塔(銀残し)

なぜか僕が羽黒山へ行くときはいつも天気が悪いのに、今日は晴れていました。

羽黒山五重塔 相輪

羽黒山 随神門

酒田へ戻ってきたら、ちょうど夕暮れ時。

鳥海山と社叢

鳥海山がきれいに見えました。

鳥海山夕景

白鳥も飛んでいました。
冬が近づいていますね。

白鳥


PENTAX K-5 Body

PENTAX K-5 Body


非常にいまさらなんですが、買っちゃいました。
PENTAX K-5 Body です。

中古なんです。
たまたまキタムラに行ったらあったんです。
それで、つい。

これから紅葉シーズン本番なので、これで色々撮れればな、と。


【送料無料】 PENTAX K-5 ボディ【smtb-u】

【送料無料】 PENTAX K-5 ボディ【smtb-u】
価格:86,800円(税込、送料込)



湯野浜と冠雪の鳥海山

今日は鶴岡の湯野浜までドライブ。

湯野浜温泉街のホテル越しに、冠雪の鳥海山がうっすらと。

IMG_5622_compressed.jpg


夏が終わって、一気に冬が来たような気分です。


胴腹滝(山形県飽海郡遊佐町)

今日は山形県飽海郡遊佐町にある「胴腹滝(どうはらたき)」へ行ってきました。

胴腹滝_01

同じく遊佐町の「一ノ滝」方面に向かう途中、左側にあります。
駐車場はありませんので、細い山道の路肩ギリギリに車を停めて向かいます。

胴腹滝_02

滝の入口からすぐ、清流が。
見るからに澄んだきれいな水です。

胴腹滝_03

胴腹滝_04

まもなく鳥居が見えてきました。

胴腹滝_05

ここは湧水で有名な場所のようです。
ここに来るまでは知りませんでした。

胴腹滝_06

確かに言われてみると、大きいペットボトルを何本も抱えた人2人とすれ違いました。

胴腹滝_07

左右に滝があります。

胴腹滝_08

様々な石仏が祀られています。

胴腹滝_09

胴腹滝_10

これも後で知ったのですが、パワースポットとしても知られる場所なのだそうです。

胴腹滝_11

胴腹滝_12

胴腹滝_13

こんな感じで水を汲む場所が設けられています。
軟水で飲みやすく、とても澄んだ水なのだそうです。

胴腹滝_14

左はコーヒーに、右は緑茶に合うのだとか。

胴腹滝_15

次来るときはペットボトルを持って行きたいと思います。

僕が写真を撮っている時に水を汲んでいた初老の男性は
水を汲み終わった後、滝に向かって手を合わせ、
水を頂いた事に対する感謝の意を示していました。
良い光景を見させてもらいました。


鳥海山登山 その6

暗くなる前に下山しなければなりません。
山頂を14時に経ちました。

下山は「千蛇谷」ルートを。
先ほど往路で通った「外輪」は遥か上です。
千蛇谷_01

千蛇谷から山頂方面を振り返ります。
一気に下ってきた感じです。
千蛇谷_02

大きな岩がゴロゴロしています。
千蛇谷_03

「後は下りだけだ、楽勝」と甘く考えていたら、
最後の難関。
七五三掛に戻る急坂。
ハシゴを登ります。
今回の全行程で、ここが一番疲れました。
最後の難関

七五三掛に戻って来ました。
あとは御浜を経由し鉾立まで戻るだけです。
七五三掛_復路

西日で日本海が照らされキレイでした。
西日と庄内平野

途中水が切れたので、この川の水を汲んで煮沸して飲みながら休憩。
清流

日がどんどん低くなっていきます。
夕日

登山口が見えてきました。
鉾立口_03

下山です。
ここで17時半。
下山には3時間半要しました。
鉾立口_02

とてもくたびれました。
が、良い日に登る事ができて幸せでした。
今回は山頂の神社が無人で御朱印をいただく事ができなくて残念でした。
次回は神社の職員さんがいる時に登りたいと思います。


終わり


鳥海山登山 その5

ここから急な岩場を下りました。
鳥海山山頂付近_01

下りきった谷には雪渓が。
雪渓

この後また少し岩場を登ると、ようやく着きました!!
山頂小屋です。
12時20分。登山開始から5時間20分要しました。
山頂小屋

鎮座するのは「鳥海山大物忌神社 山頂御本社」。
鳥海山大物忌神社

ここで昼食をとった後、本当の山頂を目指します。
急な岩を乗り越えて…
新山_03

ちょっと岩を登れば山頂だと、甘く見ていました…
岩を何度も登り下り。
岩の隙間をすり抜けて…
新山_02

新山_01

ようやく登頂!!
鳥海山、標高2236m山頂です。
鳥海山山頂_01

鳥海山山頂_02

山頂から庄内平野を眺めます。
庄内平野_03


続く


カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる