大泉坊長屋門[山形県飽海郡遊佐町・5/31]

平成26年5月31日。
出羽国一宮“鳥海山大物忌神社 蕨岡口の宮”
鳥居から真っ直ぐの道が旧参道だろう。
ちょっと歩いてみる
s-DSCF2425

蕨岡学校創立跡地
s-DSCF2426

ここが旧参道。
s-DSCF2427

文字が消えかけていて読めない。
○門坊、と読める。
ここも宿坊。
s-DSCF2428

荘厳な建物。
s-DSCF2430

ここが大泉坊長屋門である。
s-DSCF2429

天保5年(1834年)に造られた。
s-DSCF2435

案内版にはこうある。

大泉坊長屋門
この門は、天保五年(1834)、当家四代目竈賢翁(1804~1868)が創建した。
翁は夙に京都に在って歌道に精進しその奥義をきわめた。
宮廷にも出入りして公卿衆に和歌を指導した。
皇居の歌会に召されて詠歌することもあった。
これらの功により長屋門建設が許された。
門は総欅造り、切り妻平棟門で軒の飾り瓦には菊の紋章が施されている。
ほかに釘を用いない工法など特技が見られる。
元来、長屋門は、国持大名の江戸屋敷の外辺に造られた。
国許から出府する家臣や奉公人の住居としたものであった。
それぞれ格式により、十万石以上では、左右に唐破風か、切り妻の出番所が付いた門、
分家で五万石以上は片出番所と片出格子が付いた門、
一万石以上では左右に出格子が付いた門と定められていた。
この門は、棟までの高さ四間(7.27m)、間口十一間(20m)、奥行き2間半(4.55m)、建坪二十七坪半(90.75㎡)。
優に一万石以上の格式に並ぶ構えである。
平成十五年四月二十一日。
大泉坊長屋門保存会
遊佐町教育委員会
s-DSCF2436

こちらが大泉坊であろうか。
s-DSCF2441

長屋門を裏手から。
s-DSCF2442

大泉坊長屋門から坂道を歩いて下ると、このような立派な木がある。
s-DSCF2431

銅像が建っている。
かわいいお地蔵さんも。
s-DSCF2432

この坂は「ふるさとの坂道」に選ばれたのだそうだ。
s-DSCF2433

長屋門を通って、大物忌神社へと続く参道。
s-DSCF2434

神社の鳥居が見えてきた。
昔の人はこのようにして参拝していたのだろうな。
s-DSCF2446
FUJIFILM XF1


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

JR藤島駅前[山形県鶴岡市・5/27]

平成26年5月27日。
山形県鶴岡市のJR藤島駅。
市町村合併前は藤島町という自治体であった。
s-IMGP3069-1


駅前を歩く。
s-IMGP3070

s-IMGP3072

麻雀 緑
s-IMGP3073

s-IMGP3074

割烹 春月
s-IMGP3075

山形県立庄内農業高等高校
s-IMGP3076

藤島城址
s-IMGP3078

和銅年間に出羽の国府が平形に設置された際、国府に付随して置かれた城といわれている。
s-IMGP3079

現在はその跡に八幡神社が鎮座している。
旧社格は村社。
s-IMGP3086
八幡神社
鎮座地:山形県鶴岡市藤島字古楯跡108
御祭神:應神天皇(おうじんてんのう)、白山姫命(しらやまひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)、稲倉魂命(うかのみたまのみこと)、岐戸命(くなどのみこと)、秋葉大神(あきばのおおかみ)


社殿に掛けられた、時を刻む時計。
s-IMGP3088

再びJR藤島駅。
s-IMGP3097
PENTAX K-5 + TAMRON AF 28-75mm F/2.8[IF] MACRO ASPHERICAL LD XR Di SP A09


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

花や[山形県酒田市]

ラーメンは好きですが、このブログはあまりグルメに徹してはいないので、
深い言及は避けたいところではありますけれども、
このところ、酒田市広野にある“花や”というラーメン屋さんが好きで、
頻繁に行っています。

s-14012534307850_01

「何か倉庫みたい」と思ったでしょう。
元々ここは花屋さんの倉庫であった模様。
今も本業は花屋さん。
倉庫の半分を仕切ってラーメンスペースにしているのです。
s-14012534326551_01

元々は花屋の従業員に昼食を食べさせてあげたい、という店主の優しい思いから、
独自にラーメンを作り始めたところ、
以外に旨い、というわけで、ラーメン屋としても出店する事になったようです。
s-14012535047634_01

僕はいっつも「こってり中華」を食します。
食に関してはだいぶ保守的なので、冒険はしません。
ここは値段も、他店に比べかなり安いと思います。
定期的に「大盛り無料」だとか、「100引きセール」なんてやってて、
ただでさえ安いのに更にお得になる事があります。
s-14012535048325_01

先々週末くらいから夜営業も始めました。
金土の夜限定です。
s-2014_05_24_19_48_34

明日、5/31の13時よりYBSで紹介されるようです。
録画予約しました。
s-2014_05_24_19_48_55

この日行ったのは19時半頃でしたが、
売れに売れて、麺が残り僅か。
我々で最後との事で、「最後だから」と言っておつまみをサービスしてくれました。
s-2014_05_24_19_50_28

僕は「煮干しのまぜそば」。
s-2014_05_24_19_51_33

嫁は「濃厚えびのまぜそば」を注文。
s-2014_05_24_19_51_49
SoftBank PANTONE(R) 6 200SH

花や
山形県酒田市広野字十五軒3-1
TEL:0234-91-1218
営業時間:11:00~14:00
定休日:月曜日
金、土は夜営業、18:00より



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

tag : 酒田 山形 ラーメン

シトロネラの精油で虫除けポット作り

平成26年5月28日。
徐々に暑くなってきて、
夜間自宅に居るときに、窓を開け網戸にする機会が増えてきた。
窓を開けると悩まされるのが「虫の侵入」なのであるが、
うちの嫁は喉が弱いため、一般的な蚊遣りは使用できない。
なので今回、虫が嫌いな香りの精油(エッセンシャルオイル)を使って「虫除けアロマポット」を作ってみる事にした。

準備したのはこれら。
・水溶性エッセンシャルオイル アロマシーン03→生活雑貨屋さんで購入
虫が嫌いな「シトロネラ」を始め、「レモングラス」「ペパーミント」など、虫の苦手とする精油が予めブレンドされています。
通常の精油だとそのままでは水に溶けませんが、水溶性なので使いやすいのも特徴。

・保冷剤→百均で購入
・ガラス瓶→百均だったり、ジャムを食べ終えた後の空き瓶だったり。
・(写真には載っていませんが)不織布
s-P1060273

まずは百均で購入した保冷剤の封を切り、ガラス瓶に注ぎます。
s-P1060277

精油を垂らし入れます。
この保冷剤は1パック50gらしいので、仮に50mlの内容量だとします。
精油の割合は3%以内に収めるのが望ましい、との事で、
これは実際皮膚に付けるわけではないので、もう少し濃くても良いかな、とは思いましたが、
一応規則に則って3%の濃度を目指します。
保冷剤50ml×3%=1.5ml
精油(エッセンシャルオイル)の1滴は0.05mlなので、
1.5ml÷0.05=30滴
というわけで、精油を30滴入れます。
s-P1060288

よーく混ぜます。
s-P1060298

もう出来ました!
s-P1060302

埃が入らぬよう、不織布を被せ、輪ゴムで巻いて固定。
s-P1060303

s-P1060306

中の溶液と不織布の色が合いませんwが、一応完成!!
これからはこれを窓辺に置いて、虫除けしながらアロマを楽しみたいと思います。
s-P1060308
Panasonic LUMIX DMC-GF2 + smc PENTAX-A 1:2 50mm


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : アロマ 精油 エッセンシャルオイル 虫除け 虫よけ シトロネラ

“のみ、くい 圓福”さんでお誕生会[山形県酒田市・5/27]

平成26年5月27日。
酒田市の“のみ、くい 圓福(えんふく)”さんで、同僚のお誕生会を開催。

お通し。
これだけで酒が呑めそう。
s-DSCF2265-1

やっぱり最初は生ビール。
飲み放題2時間2,000円(税抜)だった。はず。
s-DSCF2267-1

マスの燻製サラダ。季節のおすすめ品。
s-DSCF2269

生春巻き。
s-DSCF2270

いいとこつくね盛。
s-DSCF2271

フライドポテト。
s-DSCF2272

おまかせ串焼き盛
s-DSCF2273

s-DSCF2274

お刺身幸盛
s-DSCF2275

お誕生日のケーキ。
これは鶴岡市の“フルーツショップ青森屋”さんの。
参加した鶴岡からのメンバーが買ってきてくれた。
s-DSCF2277-1
FUJIFILM XF1

お誕生日おめでとう!!

のみ、くい 圓福
TEL:0234-24-6214
山形酒田市みずほ2-1-10
営業時間:17:30~24:00(23:00ラスト)
定休日:無休(年末年始を除く)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

tag : 酒田 飲み屋 居酒屋 山形

虫かご、ぽつん

草むらの中に、虫かごがぽつんと。
子どもが忘れて帰ったのかな。
s-DSC_0796
SoftBank PANTONE(R) 6 200SH


テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 酒田 山形

鶴岡・銀座通り『エビスビル』[山形県鶴岡市・5/21]

平成26年5月21日。
所用があり、鶴岡市の銀座通りにある“エビスビル”へ行ってきました。
s-IMGP2946

昭和初期、1926年に建設された鉄筋コンクリート二階建てのビル。
s-IMGP2962

あまりググっても情報が出てこない中、
こちらのブログが比較的詳しかったので引用させていただきました。
s-IMGP2964

今ではたまにイベントスペースとして利用されているようです。
個展や寒鱈まつりなど。
s-IMGP2971

今いる階は3Fなのですが、
1~2Fの床はハツられており、板張りになっているのはこの3階だけのようです。
(この階より上はどうなっているか、行っていないので知らん。)
s-IMGP3056

電気のスイッチだろうか。
現在よく見かける物とは全然形状が異なる。
s-IMGP3060

レトロな建物。
こういうの大好き!!
s-IMGP3062
PENTAX K-5 + TAMRON AF 28-75mm F/2.8[IF] MACRO ASPHERICAL LD XR Di SP A09

エントランス。
鶴岡飲料株式会社と書かれている。
グーグルマップで調べるとこの会社の倉庫のようだが、内部に一切荷物がなかったので、今は使っていないのだろう。
s-DSC_0800
SoftBank PANTONE(R) 6 200SH




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

tag : 鶴岡 山形 廃墟 レトロ 建築

タルト甚五右ヱ門

5月初旬の事ですが、
真室川お菓子屋さん『おかしの平和堂』さんで、
伝承野菜スイーツのひとつ“タルト甚五右ヱ門”の仕込が
今シーズン最後だという情報を入手し、
その最後のを買いに行ってきました。
s-DSCF2216

平和堂さんのサイトによると、こうあります。

真室川の伝承野菜「甚五右ヱ門芋」
とろりとした食感と特有のねばり、普通の里芋よりも粘りがありしっかりした芋の味。
米粉を使用したタルト生地も素朴で懐かしい様な味わいです。

s-DSCF2219
FUJIFILM XF1

次の新芋入荷までは手に入らないようです。
また秋が楽しみですね!!

山形県最上郡真室川町大字新町129-5
TEL:0233-62-2762



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 山形 真室川 お菓子

金山町の街並み その2[山形県最上郡金山町・5/8]

平成26年5月8日。
金山町の雰囲気ある街を歩いている。

金山八幡神社
s-DSC_4217

由緒によると、旧社格は郷社。
s-DSC_4218

湯殿山の碑。
s-DSC_4220

さざれ石。
s-DSC_4221

s-DSC_4222

神社の脇は八幡公園。
s-DSC_4236

情報公開発祥の地、なのだそうです。
その記念碑。
s-DSC_4235

s-DSC_4228

s-DSC_4230

s-DSC_4232

かわいい犬。
s-DSC_4238

めがね堰
なぜ「めがね」なのだろう。
s-DSC_4240

きごころ橋
s-DSC_4245

s-DSC_4246

s-DSC_4247

山菜を干しているのだろうか。
s-DSC_4257

s-DSC_4258

s-DSC_4259
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED




おわり


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 神社 散歩 山形 金山 最上

金山町の街並み その1[山形県最上郡金山町・5/8]

平成26年5月8日。
金山町の“田屋の1本桜”を見た後、
ちょっと金山町を歩いてみました。

s-DSC_4191

旧い雰囲気の建物がたくさん。
s-DSC_4192

最初はほんのちょっと歩くだけのつもりでしたが、
だんだんと楽しくなってきました。
s-DSC_4193

s-DSC_4197

大堰。
s-DSC_4201

そして、その畔の遊歩道。
s-DSC_4202

金山大堰。
案内板にはこうある。

金山大堰
金山大堰はいつ誰の手によって開削されたものか」判明していないが、
丹与惣左エ門が金山城を治めていた戦国時代の末期天正(1580)年頃開けた多くの集落がそれぞれ水田を耕すにつれて必然的にお作られ、
その後多くの人々の力によって末端に延長されていったものだろう。
このようにして最初は城下集落の農業用水として、
次いで近世の宿場集落の農業及び生活用水として文字通り金山の大動脈とも言うべき集落の中心を流れ、
命の水として利用してきたのである。
s-DSC_4204

鯉がたくさん泳いでいる。
s-DSC_4207

s-DSC_4208

s-DSC_4210

鳥居があった。
ちょっと寄ってみます。
s-DSC_4212

この神社の裏の小高い山は、金山城址なのだと書かれています。
s-DSC_4213

楯山、という名前の山のようです。
歩くと神社がいろいろあるようですが、今回は省略。
s-DSC_4214
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED


その2へつづく


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 神社 散歩 山形 最上 金山

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる