白糸の滝[山形県最上郡戸沢村・2014/10/24]

平成26年10月24日

山形最上戸沢村、“白糸の滝ドライブイン”の最上川対岸にあり、
その名称の基にもなっている“白糸の滝”。
日本の滝百選』にも選ばれている。
滝壺近くにあるのは“不動堂”。滝と言えば不動明王だ。
s-IMGP9045-1

紅葉が始まった最上峡を、最上川舟下りの舟が通って行く。
この時期は気持ち良いだろうな。
s-IMGP9044-1
PENTAX K-5 + TAMRON AF 18-200mm f/3.5-6.3[IF] MACRO ASPHERICAL LD XR DiII





にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



スポンサーサイト

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 神社 最上 最上川 不動 白糸の滝 戸沢村 舟下り 紅葉

矢向神社[山形県新庄市本合海・2014/10/24]

平成26年10月24日

山形新庄市本合海。
s-IMGP9033-1

この最上川対岸の山は「八向山」という。
この八向山の白い崖の上には「八向楯」という中世の城(楯=館)跡がある。
楯主は「合海志摩守」。
この地方一帯に勢力を張っていたが、
山形最上氏に攻められ、水源を断たれ、ついに落城したと伝えられる。
s-IMGP9036-1

ここは本合海水辺プラザ
s-IMGP9034-1

ここには“矢向神社(やむきじんじゃ)”という神社が鎮座している。
s-IMGP9035-1

矢向神社(矢向大明神)は八向楯の中腹に鎮座する。
s-IMGP9037-1

日本三代実録」によると平安時代中期の貞観16年(874年)に従五位下を授けられ、
山形最上地方では最古の神社である「矢向神」であるとされる。
s-IMGP9038

なお“本合海水辺プラザ”リンク先では、この「矢向神」は「式内社」であると書かれているが、これは誤り。
本来は「式外社」である(はず)。
s-IMGP9039-1

矢向神社(やむきじんじゃ)
鎮座地:山形新庄市大字本合海1881
御祭神:日本武尊(やまとたけるのみこと)
s-IMGP9040-1



s-IMGP9041-1

s-IMGP9042-1

s-IMGP9043-1
PENTAX K-5 + TAMRON AF 18-200mm f/3.5-6.3[IF] MACRO ASPHERICAL LD XR DiII


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村





【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊




テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 山形 新庄 神社 式内社 式外社 平安時代 最上 最上川 紅葉

酒田駅前ぶらぶら散歩 その4「酒田駅前の飲み屋街」編[山形県酒田市・2014/10/10]

平成26年10月10日。
酒田駅前の趣深い飲み屋街をご紹介。
ただしかし、残念ながら、ほとんど訪れた事がない。
いずれ行ってみたいとは思っているのだが。

s-IMGP8457

「らぶ♡らぶ」の「ぶ」の字が消されて「ら♡ら」になっている。
何があったのか。
店名が他と被ったのかしら。
s-IMGP8458

s-IMGP8459

「旅人歓迎」気になる。
s-IMGP8460

s-IMGP8463

s-IMGP8465

場所はこの辺です。


お次は別の飲み屋街。
s-IMGP8466

s-IMGP8467

s-IMGP8469

閉店のお知らせ
突然ではありますが、この度店主の高齢と転倒による骨折~入院によりやむなく閉店する運びとなりました。
つきましては不調法ながら長年のご愛顧に心より感謝申し上げます。
『やきとり えい子』店主

もちろん、この焼鳥屋さんは行った事はなかったのだけれど、
このような貼紙を見ると、時代の移り変わりというか、
貴重な物が失われていく悲しみというか、とっても切なくなります。
もちろん常連さんも多くいらっしゃった事でしょう。
お店側も客側も年をとり、そうして消えていく街の灯。
少しでも残っていただけるように貢献したいものです。
s-IMGP8470



なんとなく、かつての主要道路跡のように見える道路。
実際どうだったのかは知らないけれど。
s-IMGP8472

この辺は細い道が多いので車を置いて散歩するのが正しいし楽しい。
s-IMGP8473

s-IMGP8474

s-IMGP8475

s-IMGP8476

また別の飲み屋街。
s-IMGP8500

s-IMGP8501

あぶくん
ここも行った事がないが、料理の料金が明記されていて親切だと感じた。
旅人は入りやすいのではないだろうか。
いつか行ってレポートしてみたい。
s-IMGP8502



さっきの所から大きな通りを渡ると、こんな雑居ビルがある。
ここも趣深い場所。
s-IMGP8504

2階もある。
このビル内にある「海彦」という居酒屋の評判を良く聞くのだが、
そこも残念ながら未踏。
s-IMGP8505



酒田MUSIC FACTORYの外壁。
s-IMGP8506

茶舞歩(ちゃんぷ)
書いてある絵は石原裕次郎か。
s-IMGP8513



こうして歩いてみると、酒田駅前には大きく分けて3区画の飲み屋街があるようだ。
駅裏(駅東)にも少し飲み屋があるので、合計すれば4区画。
旅行で酒田に来た人はぜひ駅前でも飲んでみて下さい。
その前に僕も、だな。
s-IMGP8507
PENTAX K-5 + smc PENTAX-DA 1:2.4 35mm AL


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 山形 酒田 庄内 山形県 酒田市 酒田駅 駅前 JR 羽越線 羽越本線

酒田駅前ぶらぶら散歩 その3「八雲神社、浜田の稲荷神社、伊勢両宮社」編[山形県酒田市・2014/10/10]

平成26年10月10日。
酒田駅前には他にも色々な神社が鎮座しています。

まずは八雲神社
旧村社。
s-IMGP8508

鎮座地:酒田市御成町2-48
御祭神:素盞嗚命(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、稲倉魂命(うかのみたまのみこと)



酒田市内では珍しく神職さんが常駐している稀有な神社。
s-IMGP8512

また駅前の別な場所。
こんな路地を入って行くと…
s-IMGP8517

ひっそりお地蔵様が。
s-IMGP8518

この路地を抜けると、またも稲荷神社が。
旧村社
s-IMGP8520

鎮座地:酒田市浜田1-8-16
御祭神:稲倉魂命(うかのみたまのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)、大宮姫命(おおみやひめのみこと)、保食命(うけもちのみこと)



s-IMGP8521

丹色、とはいかないが真っ赤な、如何にも稲荷社という感じの社殿。
s-IMGP8522

境内の遊具。
s-IMGP8523

伊勢両宮社
s-IMGP8524

鎮座地:酒田市浜田1-7-27
御祭神:天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)、豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)、小彦名命(すくなひこなのみこと)



この神社、どこを見ても、神社名を見つけられず、後日調べてやっと「伊勢両宮社」である事が判明。
社号額も社号標もないのだ。
s-IMGP8526

s-IMGP8527

でも後になってから良く良く見てみると、この彫刻って伊勢の夫婦岩?
やはりここは酒田のお伊勢様のようです。
s-IMGP8528

廣野神社
始めはこれが神社名だと思っていました。
s-IMGP8529
PENTAX K-5 + smc PENTAX-DA 1:2.4 35mm AL


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

酒田駅前ぶらぶら散歩 その2「相生町一丁目の稲荷神社」編[山形県酒田市・2014/10/10]

平成26年10月10日。
酒田駅前ぶらぶら散歩。
歩いている先々で出会った神社などを。

庚申塚
s-IMGP8477

この手のブログでは書き尽くされている内容だろうから、今さら書くのもなんなのだが、
三尸(さんし)という体内にいる虫が、庚申の日に眠ると身体から抜け出し、悪い事を言うというから、
庚申講という集まりを作って、庚申待ちと呼んで皆で寝ずに酒盛りをした、という。
s-IMGP8478

稲荷神社。旧社格は村社。
s-IMGP8482

鎮座地:酒田市相生町1-1-24

御祭神:稲倉魂命(うかのみたまのみこと)、神大市姫命(かんおおいちひめのみこと)、須佐男命(すさのおのみこと)、五十猛命(いそたけるのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)



宝永3年(1706)平田郡大町組浜畑分の砂地13,622坪を整地し、
124軒に割り当てて新地と称した。これが鷹町、外野町の始めであり、
当時、現稲荷神社を鷹尾山金剛院といった所から、鷹町と名付けられた。
平成19年12月 酒田市教育委員会

s-IMGP8486

銀杏ごろごろ。
s-IMGP8485

境内にも銀杏ごろごろ。
s-IMGP8487

そうして、銀杏ぽつりぽつり。
s-IMGP8488

拝殿と滑り台。
s-IMGP8489

銀杏の犯人。イチョウの木。
s-IMGP8491

境内にも庚申の碑。
s-IMGP8492

社号額
正一位稲荷社
s-IMGP8494

本殿すぐ裏の路地。
s-IMGP8497

手水舎とイチョウの木。
s-IMGP8499
PENTAX K-5 + smc PENTAX-DA 1:2.4 35mm AL


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 山形 酒田 庄内 山形県 酒田市 酒田駅 駅前 JR 羽越線 羽越本線

酒田駅前ぶらぶら散歩 その1「趣のある建物」編[山形県酒田市・2014/10/10]

平成26年10月10日。
久々にJR酒田駅前をカメラを持ってお散歩してみる事にした。


歩いて色んな写真を撮ってきたので、しばらくの期間、テーマに分けて貼っていく。
初回の「その1」は“趣のある建物”編と題して紹介。

「三菱石油酒田駅前給油所 美能利屋」跡
現在「カラオケマイム酒田駅前店」の向かいにエネオスのガソリンスタンドがあるのだが、
その前身なのだろう。
s-IMGP8452

「大成火災海上」の看板。
あまり聞かない名称の保険会社であるが、
2001年11月22日に会社更生特例法申請後
安田火災と日産火災が2002年7月1日に合併して損害保険ジャパンとなり、
次に同社が2002年12月1日にこの大成火災と合併した。
別に2001年4月1日に日本火災海上保険株式会社と興亜火災海上保険株式会社が合併して発足し、
後の2002年4月1日に太陽火災海上保険株式会社と合併した日本興亜損保と、先に述べた損保ジャパンは
この2014年9月に合併し「損保ジャパン日本興亜」という「馬から落馬」とか「胃痛が痛い」みたいな名称になった事は記憶に新しい。
s-IMGP8454

ちょっとアメリカンチックな壁面の装飾。
s-IMGP8455

s-IMGP8456

酒田駅前郵便局の隣側にある立派な門扉。
s-IMGP8461

ここって元々は何だったのかな。
書いてる途中に思い出したんだけれど、この敷地の別側の門柱に、何か手がかりっぽい事が書かれてなかったっけ。
だいぶ前、見た事があったような、なかったような。
後でまた探しに行ってみよう。
s-IMGP8462

ルネッサンスの伊の画家、ボッティチェリの名作『ビーナスの誕生』を模したと思われる像。
s-IMGP8464

珈琲 木戸銭”という喫茶店。
こちらのパンが秀逸らしいという評判をよく耳にするのだが、
まだ一度も行けた事がない。
今月中旬の10月12日には、あの曽我部恵一氏がやって来て、こちらでライブを行ったそうだ。
僕は高校生の頃、よくサニーデイ・サービスは聞いていたのだが、今回は行かなかった。
今から思えば行っときゃ良かったような気が。
s-IMGP8471

「パチンコ7号線」という名のパチンコがあるのだが…
s-IMGP8496

そのパチンコ屋の脇、稲荷神社側の壁面が、なかなか良い感じ。
ところでこのパチンコ屋「7号線」という事は、
ここの通りが元々「国道7号線」だったって事か?
s-IMGP8495

s-IMGP8501

酒田MUSIC FACTORY(ミュージックファクトリー)というライブハウスの横の壁面。
s-IMGP8506

仁七鮮魚店
看板猫が店番中。
s-IMGP8514

旅館白鳥荘とふとん屋さん
s-IMGP8516

元々何かだったっぽい雰囲気の建物。
s-IMGP8530

昔ながらの中華そば屋さん、“大木屋”。
ここのおばあちゃんがかわいらしい。
いずれ別途ブログに書こうと思っている。
s-IMGP8535

そんでもって、こちらがJR羽越線の酒田駅。
s-IMGP8536

駅前の広い駐車場。
元々はジャスコのあった跡地。
しばらく空き地として放置されていたが、最近駅前の暫定駐車場として使用が開始された。
無料という事もあり、いつも車が多数停まっている。
駅の駐車場は有料なので(これも最近改悪された)、この駐車場は旅行や出張へ行く人から、とっても重宝がられている。
また、駅前で飲食する人もだいぶ助かっているようで、週末の夜などは常に満車である。
この駐車場ができた事で、少しは駅前の飲食店が潤ったのではないか、と思っている。
s-IMGP8537

小山写真館
s-IMGP8538
PENTAX K-5 + smc PENTAX-DA 1:2.4 35mm AL





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊






テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

IMOIRO

平成26年9月14日。

8月に青森市に観光した時のお土産。
ポテトチップス“IMOIRO(いもいろ)”。
A-FACTRYのオリジナル・ブランドだろうか。
s-DSCF6013

味はプレーン。即ち、普通の塩味。
ほとんど売り切れていて、2箱くらいしか残っていなかった内の一つ。
s-DSCF6016

人気商品のようです。
s-DSCF6018
FUJIFILM XF1

こちらで買えます↓↓↓
A-FACTRY ONLINE SHOP


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

ひつじのメルちゃん[山形県最上郡最上町・2014/9/26]

平成26年9月26日。
ひつじのメルちゃんとお出掛け。
まずここは赤倉温泉。
s-P1060899

ここはJR陸羽東線の堺田駅。
「電車まだかな~」
s-P1060920

ホームで電車を待つメルちゃん。
s-P1060922

s-P1060923

分水嶺に遊びに来たメルちゃん。
s-P1060929

二つの海をまたにかけるメルちゃん。
s-P1060945
LUMIX DMC-GF2 + LUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S H-FS014042





にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

旧真室川町立差首鍋小学校の黒板と伝承野菜農家『森の家』の畑[山形県最上郡真室川町・2014/10/4]

平成26年10月4日。

旧真室川町立差首鍋(さすなべ)小学校の黒板。
現在は差首鍋地区生涯学習センター「まざれや」という施設になっている。
s-P1070469

伝承野菜農家『森の家』の芋畑とトラクター。
s-P1070528
Panasonic LUMIX DMC-GF2 + LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. H-FS014042





にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

川の駅 ヤナ茶屋もがみ[山形県最上郡最上町・2014/9/26]

平成26年9月26日。
最上町で赤倉温泉を歩いたり、堺田分水嶺を見たり、封人の家でお茶を頂いたり、山刀伐峠へ行ってヒヤヒヤしたり。
そんな事をしていたら時刻はもう15時近い。
遅い昼食を、と立ち寄ったのはここ。
国道47号線沿いの「川の駅 ヤナ茶屋もがみ」。
尚、「ヤナ茶屋」の「ヤナ」とは、鮎を獲る時の漁法「梁漁(やなりょう)」から来ているそうな。
s-P1070009



「川の駅」と言うくらいだから、川の畔に建っている。
s-P1070010

清流・最上小国川。
s-P1070011

館内のお食事処はこんな感じ。
もう15時だったので、恐る恐る「食事、まだ大丈夫ですか?」と尋ねたら「OK」との事。
ひと安心だ。
s-P1070012

食券を買って店員に渡すスタイル。
s-P1070013

お蕎麦が食べたい気分だったので、「かき揚げ天そば」を注文。
500円。
s-P1070015

広いお座敷席もあって、団体の旅行客にも対応していそうな雰囲気。
景色も良い。
s-P1070014

届いたお蕎麦がこちら。
熱々だった。
抜群に旨かったわけではないが、このような施設の食堂で出てくるお蕎麦としては、十分に及第点。
s-P1070018

コシがあるお蕎麦だった。
歯ごたえのあるお蕎麦が好きなので満足。
s-P1070019

大手コンビニのローソンが併設されていたのだが、
滅多に見ない変わったデザイン。
s-P1070020

食後、ここのお土産コーナーで購入して帰ったのがこちら。
最上町向町の佐藤菓子店謹製くじら餅。しょうゆ味。
s-P1070036

「くじら餅」と言うが、あの海にいる「鯨」とは一切関係ない。
しくい」餅という意味で、「久持良(くじら)餅」という名称であるらしい。
固くなったらオーブンで軽く焼いて食べると良いのだそうだが、我が家では固くなる前に食い尽くしてしまった為、
実践していないのである。
s-P1070041
LUMIX DMC-GF2 + LUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S H-FS014042









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる