薄明光線[山形県酒田市・2014/11/19]

平成26年11月19日

山形酒田市某所

薄明光線、通称“天使の梯子”とか“天使の階段”とか呼ばれる現象。
s-DSC_5752

そこまでハッキリとは写っていないけれども、それなりにきれいだった。
s-DSC_5734

ちょうど陽の光が差し込んでいる場所に鳥が飛んでいる。
恐らく白鳥だろう。
s-DSC_5740
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED





にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



スポンサーサイト

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 酒田 庄内 天使の階段 天使の梯子 太陽 日光 薄明光線

藥師神社[山形県酒田市本楯・2014/11/19]

平成26年11月19日

山形酒田市本楯鎮座の藥師神社
s-DSC_5652

藥師神社(やくしじんじゃ)
鎮座地:山形酒田市本楯字新田目120
御祭神:大己貴命(おおなむちのみこと)


社号標
s-DSC_5653

摂社の“縣社大物忌神社御分霊”
s-DSC_5655

この“大物忌神社”とは遊佐町鎮座、一の宮の大物忌神社ではなく、
同じく酒田市本楯地区に鎮座する、旧縣社の大物忌神社の事だ。
s-DSC_5656

こちらが藥師神社の拝殿
s-DSC_5657

石碑群
s-DSC_5658

社号額
s-DSC_5660

社殿から鳥居側を
s-DSC_5661

s-DSC_5662

落ち葉が浮かぶ手水鉢
s-DSC_5663

庚申
後ろに「“猿田彦”がどうの」と書かれた木簡が建っているが、
庚申の本尊は青面金剛。
神道では猿田彦神とされているから、それに由来するのだろう。
庚申の「申」と猿田彦の「猿」でこの2柱が結び付けられたとする説もある。
s-DSC_5665
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED






にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 山形 神社 酒田 庄内 猿田彦 庚申 薬師 藥師

鉄塔[山形県酒田市・2014/11/19]

平成26年11月19日

稲刈り後の田んぼの中に建つ、高圧電線鉄塔
s-DSC_5690

周囲に高い建物がなにもないので、その存在感は凄まじい。
s-DSC_5700
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村





【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 酒田 庄内 電線 鉄塔

“Sevenoak カメラスタビライザー SK-W02”購入[2014/11/24]

平成26年11月24日

こないだ参加した研修会で
「YouTubeはGoogle傘下だから、アクセス上げたければYouTubeを積極的に活用すべき」と聞いて以来、
動画を撮影する事にハマりつつあります。

これまで動画なんて撮った事がなくて、先日初めて撮影してみたところ、これが難しいのなんの。
写真では構図だけ気にしてればいいが、
動画の場合は構図意外に構成や音声も気にしなければならない。
それ以前に僕を悩ませたのが「手振れ」。
静止状態ではまあまあなんとかなりますが、
歩きながらの撮影ではブレまくり。
正直、こんなにブレるものだとは思ってもいませんでした。

で早速Amazonで購入してみたのがこちら。
Sevenoak カメラスタビライザー SK-W02”です。
「安価な割にはそこそこ使える」と、Amazonや他のサイトでしばしば紹介されていた商品です。
s-IMG_0176

箱を空けるとこんな風に入っています。
s-IMG_0178

重りは280gが1個、既に本体に取り付けられた状態で入っており、
その他に180gが2個付属しています。
ねじこんで、それぞれ連結して使う事ができます。
s-IMG_0181

こんな感じでハンドルを持って使います。
s-IMG_0186

正面から見るとこんな感じ。
Sevenoakのロゴがプリントされています。
カメラ関連のアクセサリーを多数製造している香港企業だそうです。
s-IMG_0191

実際にカメラを取り付けてみました。
取り付けたのはLUMIX GF2です。
s-IMG_0197

ジンバル
写真でジンバルの右側にくぼみがあるのが分かるかと思います。
恐らくハンドルを持った際、ここに親指を置くためのくぼみだと思われます。
ここに親指を掛けないと、撮影時カメラが水平方向にクルクル回ってダメでした。
ただしあまり力を入れて親指を掛け過ぎると、今度はせっかくのスタビライザー機能が失われてしまうので、力加減に工夫が必要です。
s-IMG_0198

s-IMG_0205

ここにカメラを据えます。
しっかり滑り止めのゴムも貼られています。
カメラの重量に応じてスライドさせて、重心が来る場所に固定します。
s-IMG_0201

ハンドルは柔らかく滑りにくい素材。
でもいかにも経年劣化しそうな素材だな。
s-IMG_0203

重りをぶら下げる部分。
“やじろべえ”の足に当たる部分。
ここも長さが調整できるようになっています。
カメラの重量によって調整すれば良いのでしょうか。
s-IMG_0207

s-IMG_0216

初期設定の280gの重りと、付属品の180gの重りが2個。
s-IMG_0212

全て付けるとこのようになります。
重りだけで総重量が640g。
これに本体その物の重さと載せるカメラの重さを足すと、結構な重量になります。
s-IMG_0209

s-IMG_0214
Canon PowerShot G11

実際に室内で試し撮りをしてみましたが、
そもそも動画撮影に慣れていないため、
手持ちでもスタビライザーでも、大して変わらない動画になってしまいました。
これは僕個人の能力が足りないからで、商品の不具合ではない事を強調したい(笑)

次の休日にでも、晴れたら外に持ち出して、実際に動画を撮影し、
いかに手持ち撮影よりも優れているかというリポートが出来ればな、と思っています。





【参考】
ケータイWatch「本日の一品」『激安なのに効果抜群!カメラスタビライザーで動画撮影の手ブレ解消』
NEVERまとめ『プロの様な動画を撮りませんか?カメラスタビライザーのススメ』


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : おすすめ商品案内
ジャンル : ライフ

tag : 動画 ムービー movie カメラ デジカメ スタビライザー 手振れ セブンオーク sevenoak ジンバル

松の勧進[山形県酒田市中町・2014/11/25]

平成26年11月25日

今日、職場で事務仕事をしていたら、外から法螺貝の音が。
同じフロアの同僚が「お、戦が始まったぞ」なんて冗談を。
庄内の初冬の風物詩がやって来たのです。

s-DSCF6355

見ると山伏が法螺貝を持って歩いています。
松の勧進”だ。
大みそかから元日にかけて羽黒山頂で行われる出羽三山神社最大の祭事「松例祭」の浄財を集める伝統の行事。
庄内地区の各家々を訪ね、お札を売って(本当は「売る」と言っちゃいけないのだけれど)回るのだそうだ。
これも修行の内の一つらしい。
12月いっぱいかけて、庄内全域を回るのだという。

s-DSCF6356
FUJIFILM XF1


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 酒田 庄内 羽黒山 山伏 出羽三山 松の勧進 松例祭

菅公学生服[山形県酒田市・2014/11/19]

平成26年11月19日

菅公学生服
創業は安政元年(1854年)。
岡山県に本社を置く老舗企業。
社名の「菅公」とは、言うまでもなく「学問の神・菅原道真公」に由来している。
s-DSC_5667
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED

大手と言われている「トンボ (トンボ学生服)」、「明石被服興業(富士ヨット学生服)」、「菅公学生服(カンコー学生服)」の3社は全て、岡山県に本社を置く。
米の代わりに綿花を栽培したのに端を発するとされ、
他にもジーンズの生地であるデニムの産地としても岡山は有名である。

かつては地域の小さな呉服店などが、その地区の学校の制服販売を請け負っていたが、
経営者の高齢化などを理由に廃業の一途を辿りつつある。
反対に大手量販店が制服に着目し、オリジナルで安価に大量生産し、そのシェアを狙っているという。
既存の制服メーカーは対抗し、
各学校に制服をオリジナル化するよう勧めている。
オリジナルの制服であれば、大手量販は、それを作ることができないからだ。
生徒は必ずそのメーカー製のオリジナル制服を購入することになるので、安定した売上も確保できる。
制服業界も生き残るために試行錯誤しているようだ。


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 酒田 看板 レトロ 学生服 菅公 カンコー 菅原道真公

日暮の日和山[山形県酒田市・2014/11/6]

平成26年11月6日

山形酒田市、日枝神社から光丘神社を歩き、
もうすっかり暗くなった。
s-DSC_5555

s-DSC_5556

徐々に灯りが点き始めた日吉町の飲み屋街。
s-DSC_5557

光丘文庫
s-DSC_5560

東屋「山王亭」
s-DSC_5561

s-DSC_5562

s-DSC_5566

酒田市内を
s-DSC_5570

日枝神社の参道
街灯が点っている。
s-DSC_5573

日枝神社の山王鳥居越しに見る、喫茶Newセピア
s-DSC_5577

酒田
s-DSC_5580

常夜灯
s-DSC_5581
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED





にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 山形 神社 酒田 散歩 庄内

光丘神社脇の住居[山形県酒田市・2014/11/6]

平成26年11月6日

光丘神社の脇に住居があるのだが、これがまた不思議だ。
s-DSC_5537

荒れているし、ここは絶対に廃墟で、住人などいないと思い込んでいた。(失礼な話だが)
s-DSC_5540

もちろん、これらの写真を撮っていた時は
自分は「廃墟の写真を撮っている」ものだと思って撮っていた。
ところが、である。
自宅に帰り、PCで写真のデータを編集していたら、
この写真、右側中央、洗濯物が干されているのを見つけちゃったのである。
ひょとして、現役の住居だったか。
だとしたら大変失礼しました…
s-DSC_5544

以下、光丘神社境内に打ち捨てられていたガラクタの数々。
s-DSC_5546

s-DSC_5547

s-DSC_5548
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED





にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

光丘神社[山形県酒田市・2014/11/6]

平成26年11月6日

山形県酒田市
光丘神社
s-DSC_5551

旧社格は郷社
s-DSC_5552

祀られているのはあの本間四郎三郎光丘
江戸時代に生きた出羽酒田の豪商だ。
s-DSC_5535

拝殿
「本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に」とまで言わしめた豪商。
s-DSC_5538
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED

株をやっていると良く目にする“ローソク足”は
光丘の叔父で名相場師であった“本間宗久”考案だとする説もある。
by 株価チャート「ストチャ」


光丘神社(ひかりがおかじんじゃ)
鎮座地:山形県酒田市日吉町1-7-16
御祭神:本間四郎三郎光丘(ほんましろうさぶろうこうきゅう)




にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

黄昏時の下日枝神社境内[山形県酒田市・2014/11/6]

平成26年11月6日

酒田市の下日枝神社境内
黄昏時の境内をちょっとウロウロしてみる。
s-DSC_5495

ただでさえ薄暗くなってきているというのに、鬱蒼としているから、なおの事暗い。
s-DSC_5498

ちょっとしたお花が供えられていた。
s-DSC_5502

地面を覆う枯葉
s-DSC_5504

本当に暗い空間。
そんな中、カラスが頭上でガサガサ木々を揺らすものだから怖くて。
s-DSC_5509

鳥居が写った1枚目の写真。
その神社の裏手に出た。
s-DSC_5513

展望台だそうだが、あまり眺望はよろしくない。
s-DSC_5519

日枝神社社殿の裏を進む。
相変わらず鬱蒼としていて不気味だ。
s-DSC_5521

広い場所に出た。
このオブジェは何だ。ウサギか!?
s-DSC_5524

しばらく使われてなさそうな水飲みの水栓。
s-DSC_5529
Nikon D80 + Nikon DX AF-S NIKKOR 18-135mm 1:3.5-5.6G ED




にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる