鶴岡市大山 街中のスナップ[山形県鶴岡市大山・2015/5/15]

平成27年5月15日

古い建物やらを求めて、
鶴岡市の大山地区を歩いてみる事とした。

まずは下池に近い大山公園尾浦城址)駐車場に車を停めて、そこから歩く。
s-DSC02269-31

日産の重機
フォークリフトか何かだろうか。
s-DSC02276-35

木造の旧い民家
s-DSC02279-37

村社稲荷神社
例によって「村社」の文字が埋められて消されている。
s-DSC02281-38

清酒専用通箱
s-DSC02312-55

大山」「栄光富士」などといった文字が見える。
s-DSC02313-56

漁業で使う浮き(?)に、変な顔が描かれている。
s-DSC02339-71

半鐘
s-DSC02340-72

コンクリート製の蔵
s-DSC02346-76

古い住居とそこに咲く花
s-DSC02347-77

消火栓
s-DSC02348-78

ぐるっと大山地区を回って駐車場近くまで戻って来た。

大山公園由来碑
碑文
 太平山、金剛山、鳥打山をあわせて大山公園という。
太平山には三吉神社、金剛山には古峯神社が祭られ、
その境の空堀には太古橋がかけられている。空堀は大浦城の
遺跡である。金剛山の西は新山森といい、鳥打山に続く。
天文年間(16世紀前半)大宝寺(鶴岡)から大浦(大山)に
移った武藤氏がここに大浦城を築いたので城山ともいう。
 嘉永年間(1848)大山村の田中政春が、大山騒動に
対する幕府の重い処罰から免れたことを、三吉大神に
感謝して、城山に八百余本の桜、桃の木を植えたのが、
城山への桜植樹の最初である。その後、慶応三年(1867)
庄内藩主酒井忠発が、大庄屋佐藤順太に命じて大山組村々
から桜を買い上げて植付けさせ、以後城山は桜の名所となった。
 昭和の初め不況が続き、酒造家加藤嘉八郎有邦は大山町民の
救済と将来の人々の行楽の地にあてるため、昭和八年(1933)ここに
自費をもって一大公園を造る工事を起し同十五年に完工した。
園内には、紅葉が丘、南桜ヶ丘、松が崎納涼所、旭台桜ヶ丘、つつじヶ丘、
鶯谷、北桜ヶ丘、旭台の八景が配され、それぞれの眺望を楽しめる。
加藤氏はここを加嘉山公園と名付け、訪客への園主の
挨拶の意をこめて自らの石像をたてた。
 昭和十八年公園は古峯神社・三吉神社に寄付され、その後大山
公園と改称、昭和二十五年度山形新聞社主催観光山形県一自慢投票
では、第一位に当選した。今大山公園は、鶴岡市で管理され
東京尾浦会より二万二千本余の桜・つつじ等苗木をいただく
など補植樹に努め、隣接する高館山休養林と共に、多くの
人々の散策や行楽の地となっている。
s-DSC02363-87

大山公園の駐車場脇にある蔵風の建物“からぐり展示館 尾浦の館”。
この中には“大山犬まつり”で演じる“からぐり”が収蔵されている。
s-DSC02365-88
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





スポンサーサイト

テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 神社 鶴岡 大山 尾浦 公園 下池

三川町から鶴岡市のスナップ幾つか

平成27年5月15日

三川町で撮った写真を幾つか
北海道直送3.6牛乳と書かれたコンテナ
s-DSC02249-18

田舎の街角に良くある石碑群
庚申とか
s-DSC02250-19

キリスト看板
キリストの血は罪を清める
清書
s-DSC02252-20

ポストとカーブミラーが良い味を出している丁字路の住宅
s-DSC02262-27

小さな祠
s-DSC02265-28

何か知らんが小さくてきれいな白いお花
s-DSC02267-29
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 三川 スナップ

三省学校跡[山形県東田川郡三川町善阿弥・2015/5/15]

平成27年5月15日

山形県東田川郡三川町善阿弥の集落を更に奥へと進む。
s-DSC02244-15

この地区の公民館が建っていた。
s-DSC02246-16

「三省学校跡碑」とある。
あれ、そう言えば、さっき訪ねた「高禅寺」境内にも「三省学校発祥之地」と彫られた標柱があったような。
s-DSC02247-17
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

調べてみたら三川町立東郷小学校のウェブサイトにたどり着いた。
同校沿革にこうある。

明治11年8月 猪子、東沼、善阿弥、角田二口、平田の5ヶ村を1学区として高禅寺に三省学校を設けた。

すなわち三省学校とは現在の東郷小学校の前身となった学校の内の一つなのだろう。


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 三川 跡地 学校跡 小学校

薬師神社[山形県東田川郡三川町善阿弥・2015/5/15]

平成27年5月15日

ツチノコ伝説の残る三川町善阿弥の高禅寺から神社らしき建物が見えたので
併せてお詣りする事とした。
s-DSC02225-10

その神社とは薬師神社であった。
s-DSC02227-11

藥師神社(やくしじんじゃ)
鎮座地:山形県東田川郡三川町大字善阿弥字宮野腰73
御祭神:大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)



拝殿の社号額
s-DSC02229-12

境内のお稲荷さん
s-DSC02236-13

お地蔵様
s-DSC02237-14
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 神社 三川

曹洞宗栄林山高禅寺[山形県東田川郡三川町善阿弥・2015/5/15]

平成27年5月15日

山形県東田川郡三川町善阿弥にある曹洞宗栄林山髙禪(高善)へ。
s-DSC02218-3

s-DSC02219-4



立派な山門だ。
s-DSC02220-5

木札がたくさん重ねられて打ち付けられている。
s-DSC02221-6

山門の中には数多のお地蔵様が安置されていた。
s-DSC02223-8

このおにはなんと「ツチノコ」が祀られているのだと言う。
今回寺院内部に入る事はなかったから、その伝説ツチノコは拝見していない。
三川町の公式サイトにはこうある。

三川伝説
デゴツチ(ツチノコ
デゴツチ(ツチノコ)善阿弥(ぜんなみ)という集落にある高禅に、未知生物であるデゴツチ(ツチノコ)と思われる骨が安置されています。
明治時代に、近くの山にある池が渇水しその池の底から「骨」をもって来たところ不幸が相次いだため、発見者が巫子の教えにしたがい、高禅で手厚く供養され、今は竜神の骨としてまつられています。
s-DSC02224-9

「三省学校発祥之地」と刻まれている標柱が建っていた。
s-DSC02222-7
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 寺院 ツチノコ 伝説 三川

福田屋さんでシュークリーム購入[山形県鶴岡市大山・2015/5/15]

平成27年5月15日

山形県鶴岡市にあるお菓子屋さん“福田屋”さんへ行ってきた。
s-DSC_0308-90

大山の大通り沿いにあります。
s-DSC_0307-89

良く見聞きはしていて、お土産でここのお菓子を頂いて食べた事もあったのだが、
実際に入店するのは今回が初。
s-DSC_0309-91
SONY Xperia Z3

名物は「芋ようかん」なのですが、写真を撮っていません。失礼。
「ようかん」とは言うものの、かなり「芋」感の強いようかんです。
今回は一緒にシュークリームも購入。
注文してからクリームを詰めてくれます。
帰宅してからコーヒーと一緒にいただきましたとさ。
s-DSC02369-92
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

住所:山形県鶴岡市大山字中道139-21
TEL:0235-33-2229
営業時間:9:00~19:00
定休:水曜日
駐車場:7台



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

tag : 山形 庄内 鶴岡 お菓子 お店 スイーツ

旧山形県立鶴岡西高等学校跡[山形県鶴岡市大山・2015/5/15]

平成27年5月15日

鶴岡市大山地区のお散歩でもしてみようかと大山公園の駐車場へ向かった折、
どう考えても学校跡であろう廃墟を発見した。
まず間違いなく体育館跡だろう。
s-DSC02268-30



「良い物見っけ」とばかりに周囲を徘徊。
s-DSC02270-32

ただこの時点では、これが何という学校の跡地なのか分かっていない。
s-DSC02272-33

s-DSC02274-34

s-DSC02277-36

s-DSC02350-79

何やら石像と石碑が見える。
行ってみよう。
s-DSC02353-80

考える人みたいな像だ。
s-DSC02354-81

山形県立鶴岡西高等学校
閉校記念碑
と刻まれている。
ここで初めて、この廃墟の正体が判明した。

尾浦に学ぶ
本校は昭和23年働きながら学ぶ向学心に燃える青年のために
県立大山高等学校として発足した。当時は定時制の過程として普通
科農業科家庭科の三過程が設置されていた。
しかし時代の要請により昭和31年から順次全日制の過程に移
行し昭和39年に校名を県立鶴岡南高等学校と変更した。尾浦城
跡の大山公園を背に自然豊かな学習環境で学び鍛え育った卒業生は
約九千名に及ぶ。
ここに五十年の校史を閉じるにあたり輝かしい歴史と伝統を偲び
校地跡のこの地に記念碑を建立する。
平成9年11月8日
山形県立鶴岡西高等学校
閉校記念事業実行委員会
佐藤賢書

s-DSC02356-82

眠っているように、穏やかな表情をしている。
s-DSC02357-83

元々この高校に立っていた像なのか、
この閉校記念に新たに建てられた物なのか、どちらなのだろう。
s-DSC02360-84

体育館と校舎との間に鶴岡市の公用車が停められていた。
s-DSC02361-85

高校にしては随分小ぢんまりしているような気が。
これで全てなのか、はたまた幾つかの棟が解体された結果こうなったのか。
でも解体するなら一気に全部やるだろうし、ひょっとするとこれで全てなのかも知れない。
s-DSC02362-86
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

尚、この鶴岡西高校は県立鶴岡家政高等学校と統合され、
平成10年(1998年)に山形県立鶴岡中央高等学校となっている。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 鶴岡 散歩 学校 高校 廃墟 廃校

ついに入れた「アトク先生の館」[山形県東田川郡三川町三本木・2015/5/13]

平成27年5月13日

前回はGW明けの休館日に当たってしまい入れず終いだった
三川町にある“アトク先生の館(三川町文化交流館)”へ入館する事ができた。
s-DSC02207-42



何と入口前に「日本タンポポ」が生えていた!
生まれてこの方、出会うのは悉くセイヨウタンポポばっかりで、ニホンタンポポを見るのは初めて!
小さい頃図鑑で見て憧れていたニホンタンポポ。
ちょっと感激。
このように敢えて表示をするという事は、やはり希少な種なのだろうね。
間違えて雑草だと思って引っこ抜いたら大変な事になる。
s-DSC02203-41

いよいよ入館。
入館料は無料と言うから、三川町は太っ腹である。
s-DSC02208-43

有名なお部屋。
ここは映画おくりびと』のロケ場所であり、
ポスターのシーンでも使用された部屋である。
最も多くの人の目に触れたロケ地なのかも知れない。
s-DSC02210-44

↓↓↓この部屋がここ。
おくりびと(DVD)

おくりびと(DVD)
価格:3,312円(税込、送料別)



縁側から窓ガラス越しにお庭を観賞
s-DSC02211-45

向こうの景色が歪んで見えるでしょう。
ガラスが歪んでいるからそう見えるのだ。
このガラスが昭和初期に作られたものがそのまま使われている物だと言う。
s-DSC02212-46

レトロな雰囲気のランプが
s-DSC02213-47

外観
かつては今では駐車場になっているこの場所にまで建物があったと言う。
なお、アトク先生こと阿部徳三郎氏は山形大学でドイツ語を教えていたそうだ。
s-DSC02217-48
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

開館時間:9:00~17:00
休館日:毎週月曜日、年末年始
入館料:無料


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊







テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 名所 旧跡 ロケ地 おくりびと 映画

大井餅や[山形県東田川郡三川町横山・2015/5/13]

平成27年5月13日

山形県東田川郡三川町横山にあるお店“大井餅や”さん。
s-DSC02195-36

前回素通りして、その後「美味しい」と話を聞いて、
「ああ、行っときゃ良かった」と後悔したお店に遂に行けた。
s-DSC02197-37

店先には臼と杵。
s-DSC02198-38

機械式の餅つき機も。
現役ではなく展示物なのだろう、きっと。
s-DSC02199-39

通りに面した店名版
s-DSC02202-40
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

店内でイートインもできるようだし、テイクアウトもできた。
笹巻を買おうとしたが
「黄色しか残っていませんが、よろしいでしょうか」と言われた。
どうやら「黄色」とは「灰汁で煮て黄色くなってプルンとした食感になったお餅で出来た笹巻」の事のようで、
南庄内で多く食されている物のようだ。
きな粉に黒蜜をかけて食べるのがスタンダードだそう。
(逆に北庄内では灰汁で煮ていない、そのままの白いお餅の笹巻を食すようだ)
この灰汁で煮た黄色い笹巻というのは、
普段食べなれている南庄内人なら平気かも知れないが、
正直若干のクセがあってちょっと苦手であった。
結構早い時間に無くなるとも聞いたので、
今度は白い方の笹巻を食べてみたいものである。
s-IMG_0983
Canon PowerShot G11




にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

tag : 山形 庄内 散歩 三川 食べ物 テイクアウト

赤い廃車[山形県東田川郡三川町助川・2015/5/13]

平成27年5月13日

山形県東田川郡三川町助川で出会った赤い廃車
s-DSC02168-30

車が埋まりかけている。
s-DSC02180-31

良い感じに朽ちている。
中は物置代わりに使われているようだ。
s-DSC02182-32
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 廃墟 廃車 三川

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる