ぶら探酒田 第6回「晩秋といえばここ!落葉と台町日吉を愉しむ」 その6「山王くらぶ→白ばら→旧割烹小幡」[山形県酒田市・2015/11/14]

平成27年11月14日

ぶら探にて
姿見小路を抜け、いよいよ出発場所の日和山公園へと引き返す
途中、色々な珍しい物の写真を撮りながら

まずは「山王くらぶ
元料亭だった建物で、国の登録有形文化財である
IMG_3172-34



Night Spot 白ばら
昔はここに通うのがステータスだったというほどのお店
現在は北海道東北唯一のグランドキャバレーとして君臨している。
昭和を感じられる非常に素晴らしいスポットだと思う。
僕が以前書いた記事に詳細が載っているので、気になる方はどうぞ↓↓↓
東北・北海道に残る唯一のグランド・キャバレー“白ばら”[山形県酒田市日吉町・2014/12/20]
http://kjphotograph.blog.fc2.com/blog-entry-2358.html

IMG_3175-35

IMG_3176-36

IMG_3178-37



白ばらの横の民家にある立派な蔵
IMG_3182-38

塩引鮭
日和山への坂の麓にいつも干されているから、目にした人も多いだろう。
新潟県村上市の名物でもある。
(この坂にも何か名称があったような気がしたのだが失念した。酒田には他にも「舞妓坂」「神明坂」「芭蕉坂」など、幾つかの命名された坂が存在する)
IMG_3190-39

醤油・味噌 市原醸造商店
明治期に日本海航路で酒田湊船場町に上がる塩を利用して醤油業を始めた。
創業は明治35(1902)年5月
IMG_3192-40

旧割烹小幡
聞いた話では、
ここは映画『おくりびと』のロケ地として有名になったが、
保存して観光客を招き入れる体制にするには耐震工事などに莫大な費用を要し、市も二の足を踏んでいるようだ。
また歴史的建造物としての活用も、この建物はトタン葺きの屋根であり、
茅葺や瓦葺の建物と比較し評価が低く、それも難航しているらしい。
IMG_3197-41

このように側面はもうボロボロで、倒壊の危険もある事から、一刻も早く対処せねばならないらしく、
保存修理費を捻出できない今は、後ろ半分を解体するしか術はないと考えられているのだそうだ。
何と勿体ない。
IMG_3200-42



そうして出発場所の日和山公園へ帰着
最後に日和山公園の紅葉を
今回、2015年最後の「ぶら探」は、非常に考えさせられる事の多い街歩きとなった。
来年度も都合が付けば是非積極的に参加したいと思う。
IMG_3213-43
Canon PowerShot G7X


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 酒田

ぶら探酒田 第6回「晩秋といえばここ!落葉と台町日吉を愉しむ」 その5「姿見小路」[山形県酒田市・2015/11/14]

平成27年11月14日

ぶら探にて
BOSTON CLUBを見学した後、
そこから「姿見小路」を抜けて、集合場所の日和山公園へ戻る。

その前にBOSTON CLUB周辺のスナップを幾つか
IMG_3146-29

持地院という、酒田でも古くからあるお寺へと続く通り。
IMG_3149-30

こちらが「姿見小路」
酒田にはかつて「見返小路」「桜小路」「合掌小路」「柳小路」など数多くの小路が存在していた。
その内のひとつ。
右が「料亭香梅咲」、左が「相馬樓(旧料亭相馬屋)」という場所柄、
ここを芸者が行き来していた。
客に会う前に、ここで自分の姿をチェックしていたから、この「姿見小路」の名が付いたという説がある。
IMG_3160-31

塀の隙間から相馬樓の庭を覗き見
IMG_3163-32

姿見小路を抜けて、料亭香梅咲の門と赤い実
IMG_3169-33
Canon PowerShot G7X




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 酒田 料亭 芸者 舞妓 割烹

ぶら探酒田 第6回「晩秋といえばここ!落葉と台町日吉を愉しむ」 その4「BOSTON CLUB」[山形県酒田市・2015/11/14]

平成27年11月14日

「港座」を見た後は、すぐ隣のお店「Public house BOSTON CLUB」を見学。
ここ、主催者が言うには「ディスコ」なのだそうだ。
で、本来は夜しか営業していないのだが、
今回この「ぶら探」の為に、わざわざ午前中に開けて待っていてくれたのだとか。
貸し切りにしてくれた「港座」もそうだし、なんて協力的なのかしら。
IMG_3106-19

このお店は初めて入った。
この手のお店って、どのようにして楽しめば良いのか、全く見当が付かない。
IMG_3118-20

「もし自分だけなら、絶対に行かないような場所」へ堂々と入れるのが、この「ぶら探」の魅力だ。
はっきり言って「ぶら探」に参加しなければ、
このお店の存在すら知らなかった。
IMG_3122-21

なかなか気合の入ったトイレだ。
お店側としては恥部としてあまり見せたくない場所なのかも知れないが、
僕は「歴史と時代を感じる遺構」と感じ、敢えて掲載させてもらう。
IMG_3123-22

スポットライトとミラーボールの光が床一面に散りばめられて、とてもきれい。
IMG_3127-23

客席のLEDキャンドル
IMG_3134-24

「たばこ有ります スタッフまで」と貼紙された、
これまた気合の入ったタバコの自販機
「廃」なのだろう
中の商品サンプルも、今では懐かしいものばかりだ
IMG_3137-25

こちらは本来の受付
そもそも「ディスコ」って行った事ないから、本来の受付の方法なんて知らないんだけど、
ここでチケットでも買って入ったんだろうかしらね
IMG_3138-26

今は「きらびやかなステージで歌えるカラオケバー」みたいなスタイルで営業しているみたいだ。
ひょっとしてカラオケだと考えると、案外安い料金設定なんじゃないか?
IMG_3143-27

案内板
貼られてるビールのポスターは、皆最近の物ではあるが、
WELCOME BOSTON CLUBの文字に、どことなく昭和の匂いを感じる事ができる。
IMG_3145-28
Canon PowerShot G7X




【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 酒田 バー ディスコ カラオケ クラブ

ぶら探酒田 第6回「晩秋といえばここ!落葉と台町日吉を愉しむ」 その3「港座」[山形県酒田市・2015/11/14]

平成27年11月14日

主催者が「港座を10時に予約している」と言うので、
光丘文庫の説明はそこそこに、皆で先を急ぐ。

やって来たのがこの映画館港座」だ。
IMG_3075-15

ちょっとパンフレットからの引用を
東北一の劇場と謳われた芝居小屋「港座
港座は、1887(明寺20)年に、地元の興行師・長崎新吉が
芝居小屋として建築。面積は約630平方メートル、回り舞台や
花道などを備え、歌舞伎も上演する事ができたといいます。
収容人員は1000人で、当時「東北一の劇場」と称されました。
建築にあたったのは、同市の山王くらぶや相馬楼を手がけた
名工・佐藤保太郎氏(1861-1938年)。その精巧な構造により
1894年の庄内大地震でも倒壊を免れ、震災後は一時、
裁判所の代用施設としても使用されました。
現在の建物は、1953年に火災で焼失した際に再建されたもの。
76年に内装工事、翌77年に増築工事が行われ
大中小の3スクリーンを完備、多くの市民が映画を愉しみました。


IMG_3076-16

オスカーがもたらした復活
2002年に閉館して以降、静かな時を送っていた港座
転機が訪れたのは2007年の春-。
映画おくりびと」のロケ地として、本木雅弘さんと山崎努さんが
ビデオ「納棺の手引き」を撮影するシーンで使用されました。
撮影後、滝田洋二郎監督からの「昭和のシネマコンプレックス。
ぜひ、映画酒田の街並みを残していってください」との言葉に
復活の機運が一気に盛り上がりました。
その後は、映画は米アカデミー賞外国語映画賞の栄冠にまで輝き、
酒田は「映画の街」として一躍脚光をあびることとなります。


港座は元が『芝居小屋であったからか、
映画館でありながら舞台がある珍しい造り
今はその舞台を活かし、バンドの練習やイベント会場として使われているのだとか。
IMG_3084-17

もちろん映画もたまに上映している。
月1回程度、往年の名画の上映会を開催している。
ちなみにこちらは、映画『おくりびと』で、
実際この「港座」の、この舞台上で撮影されたシーンだ。
そこにモックンが寝ていたのかと思うと感慨深い。
IMG_3091-18
Canon PowerShot G7X




【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 酒田 港座 おくりびと 映画 映画館

ぶら探酒田 第6回「晩秋といえばここ!落葉と台町日吉を愉しむ」 その2「光丘文庫→日吉町」[山形県酒田市・2015/11/14]

平成27年11月14日

今年最後のぶら探
下日枝神社参拝の後は、そのまま光丘文庫へ。
ただし中へは入らず、外部だけの見学
IMG_3047-5

紅葉の葉っぱ
IMG_3052-6

IMG_3056-7

光丘文庫
大正14年(1925年)に竣工し、
酒田市立図書館だった時代を経て、現在は酒田市の所有となり今に至る。
IMG_3058-8



下日枝神社の社務所
ここの雨戸を開けると舞台のようになっていて、
夏祭りの際はここで民謡や踊りが披露される
IMG_3059-9

日吉町側の石段を下って行く
IMG_3062-10

IMG_3064-11

日吉町
石畳の道
IMG_3065-12

古びた換気扇
IMG_3067-13

IMG_3069-14
Canon PowerShot G7X

その3へつづく


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 酒田 神社 ぶら探 紅葉

ぶら探酒田 第6回「晩秋といえばここ!落葉と台町日吉を愉しむ」 その1「日和山公園→下日枝神社」[山形県酒田市・2015/11/14]

平成27年11月14日

今年度最後の「ぶら探」が開催された
ぶら探」とは参加費無料・申し込み不要で、酒田市内のディープなスポットを解説を聞きながら歩く事ができる、
僕にとっては最高の企画
総参加者中、僕はかなりの若輩となる

雨のこの日、まずは日和山公園の展望台に集合
雨天につき東屋の下で受付をし、みんなでぞろぞろと出発
この日も雨天だと言うのに100人くらいは集まった
第4回目の開催から人数が多いので2班に分かれて行動する事となった

まずは日和山公園内の説明
日和山に生えている松の木が低いのは、
戦時中ここに高射砲が設置されていて、
射撃の邪魔になるからと松の枝を切った名残なのだそうだ

またこの公園内には松尾芭蕉の歌碑が3基も備えられているが、
これは珍しく、
酒田はもっと芭蕉をアピールして観光資源にすべきだ、とのお話もあった
IMG_3026-1

そのまま下日枝神社へ向かう
銀杏の葉はだいぶ散ってしまっていた
随神門に掲げられている「至誠通神」の額は東郷平八郎の揮毫
IMG_3033-2

随神門をくぐるとその先は桝形になっている。
神社で参道が桝形になっているのは、
折れ曲がる事で世俗を断ち切るという意味合いがあるらしい。
ここ酒田の下日枝神社は2回折れ曲がって社殿へ向かうような造りの参道となっている。
現在、旧割烹小幡の正面から真っ直ぐ社殿へ延びている参道は、
近年になって車を通す必要が出て来て新たに作られたもの。
IMG_3043-3

猿が社殿の屋根を支える
IMG_3045-4
Canon PowerShot G7X



その2へつづく


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 酒田 ぶら探

珍しいビニールハウスの廃墟[山形県飽海郡遊佐町・2015/11/4]

平成27年11月4日

なかなか珍しいビニールハウス廃墟を見つけた
IMG_2904-17

ビニールハウスの骨組み通りに蔦が絡まっちゃってる
IMG_2907-18

左側の三角屋根の小屋では家畜でも飼育していたのか
もちろんそちらも廃墟である
IMG_2910-19
Canon PowerShot G7X


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

tag : 山形 散歩 庄内 遊佐町 廃墟 ビニールハウス

藤井の集落[山形県飽海郡遊佐町白井新田・2015/11/4]

平成27年11月4日

遊佐にある藤井の集落へやって来た
町の案内板、鳥海山の雪が「フジイ」の文字を象っている
IMG_2883-10

町立白井新田小学校跡
IMG_2885-11

この跡地は現在藤井公民館として利用されている
IMG_2888-14

夕日かがやく町で 愛を!
SUNSET POINT
遊佐町
個人的な感想だが、なんとなく80年代臭を感じる事ができる文言
決して嫌いではない
確かこの看板、他にも「十六羅漢」で見る事ができたはず
IMG_2886-12

でも実際良い景色なんです
日没時はきれいなんだろうな
庄内平野の向こうに日本海が見える、最高のロケーション
IMG_2887-13

冒頭、「フジイ」の看板の右横の庚申の塚の前にいた老母
杖をつき、よたよたと歩き、
我々夫妻が抱いていた生後5か月の赤ちゃんを見て目を細め、
「こんな小さな赤ちゃん、何年か振りに見た」と呟く
この集落も少子高齢化が進んでいるのだろう
老婆は独りベンチに腰掛け、寂しそうに海を見つめる
IMG_2892-15

IMG_2879-8
Canon PowerShot G7X


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 遊佐町 日本海 庄内平野

古看板[山形県飽海郡遊佐町・2015/11/4]

平成27年11月4日

見るからに古そうな小屋の壁面に打ち付けられた、
これまた古そうな看板
割とこういった看板って、もう既に営業していないお店が多かったりするけれど、
こちら「蒲徳かまぼこ」は現役
大正4年創業の老舗
今でも酒田の中心街にあって営業を続けている
IMG_2928-Edit-25
Canon PowerShot G7X




にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 酒田 遊佐町 看板

干してる食べ物いろいろ[山形県飽海郡遊佐町・2015/11/4]

平成27年11月4日

遊佐町で見つけた干してる食べ物をいろいろ
まずは柿
IMG_2875-5

僕って田舎物の癖に田舎臭い食べ物が嫌いで、
ずっと干し柿も食べないでいたのだが、
中学生の頃だったか、親から「食え」と言われて初めて食べた干し柿が美味しく、
それから食べられるようになった。
同じ理由で「漬け物」も嫌いだったが、
それは大学時代、酒を飲むようになって克服した。
IMG_2876-6

今度は大根
IMG_2878-7
Canon PowerShot G7X


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 遊佐町

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる