尾去沢今昔 その6「『圓通寺』『購買会跡』『鉱山病院跡』『社宅跡』『鉱山倶楽部跡』」[秋田県鹿角市尾去沢・8/21]

平成26年8月21日。
史跡 尾去沢鉱山から
尾去沢の町内に戻ってくる。

途中、再び尾去沢小学校跡を経由。
s-IMGP7002

尾去沢小学校跡の横の坂を登ると、お寺がある。
曹洞宗大盛山圓通寺
s-IMGP7003



s-IMGP7004

このお寺のどこかに、れいの中沢鉱滓ダム決壊犠牲者の供養塔があると聞いたのだが、
探し出すことが出来なかった。
s-IMGP7007

春木沢の野球場が見える。
s-IMGP7008

この赤い橋を渡ると春木沢の野球場。
現グランドゴルフ場だ。
s-IMGP7009

円通寺から僅か下ると、かづの土床体育館「かなやまアリーナ」に出る。
s-IMGP7013



ここは元々「購買会」という商業施設の跡地だった。
s-IMGP7017

社員の食糧品や日用品等の生活用品は、
会社が経営する「購買会」と呼ばれるスーパーマーケットで購入できた。
昭和30年代まではこのような大型店舗は珍しく、
社員以外の人たちも大勢この施設を利用した。
鉱山閉山後も運営されていたが、
平成8年に廃止、解体撤去された。
(史跡 尾去沢鉱山編『歴史の風景』ゴールデン佐渡、2008年、6頁)
s-IMGP7014

前回の記事でも紹介した「詰所」の跡。
今はバス停の待合室として使われている。
s-IMGP7016

元購買会の右脇の道の山側。
石垣の上が元「尾去沢鉱山病院跡」だそうだ。
s-IMGP7020

s-IMGP7021

このように傾いている土地に建てられていた病院だったため、
病院内の廊下も坂道だったそうだ。
s-IMGP7026

「もっと上の方に結核患者の隔離病棟があったような気がする」、と言っていた。
s-IMGP7027

ここから下は、今では書くのも恥ずかしいのだが
「市街地」という集落になる。
ここにも昔は社宅が建ち並んでいて、
今でも数軒、そのままの状態で残されている。
s-IMGP7024

空き家になっているのもあれば、
今でもしっかり住居として利用されているものもある。
s-IMGP7028

さっきの詰所の右隣の建物もそうである。
s-IMGP7033

ここは立入禁止になっている。
s-IMGP7034

どうやら昨夏、平成25年夏の豪雨の影響で地滑りが発生して危険だからだそうだ。
s-IMGP7035

こちらの社宅跡は現役っぽい。
s-IMGP7036

この写真の向かいが現尾去沢公民館なのだが…
s-IMGP7029



その公民館の向かい側、
すなわち僕が今立っている場所。
ここにはかつて「尾去沢鉱山倶楽部」が建っていた。
ここでも現在は地滑り対策の工事中。
s-IMGP7030

鉱山には職員の福利厚生の一環として鉱山クラブがあり、
ここでは文化的行事が催された他歓送迎会や懇親会などの宴会にも利用され、
ビリヤードや卓球台なども設置された娯楽施設としても使われていた。
また別館には廊下でつながれた「はなれ」と呼ばれた日本間があり、
会社重役や皇族など特別の来賓が利用した。
しかし老朽化が進み平成16年に解体され、
現在は庭園のみが残され、
僅かに往時を偲ぶことができる。
(史跡 尾去沢鉱山編『歴史の風景』ゴールデン佐渡、2008年、4頁)
s-IMGP7031

少し戻って、こちらは松子沢沈澱池。通称松子沢ダム。
今ではもういないのかも知れないが、
母親は幼い頃たまに遊びに行っていたそうだ。
僕が小学生の頃も、遊びに行ったと言う同級生がいた。
僕は一度だけ行った事がある。
s-IMGP7046



尾去沢案内図
尾去沢は1,270余年の歴史を誇った鉱山のまちです。
昭和53年5月、鉱量の枯渇によって閉山の止むなきに至りましたが、
人々の住む環境も鉱山のまちから新しいものへと変化しております。
古いものから新しいものへと変ぼうしていくことは避けられないものですが、
歴史的な姿を残しておくこともまた意義あることです。
シンボルである尾去沢鉱山をはじめ、
鉱山まちとしての周辺環境を含めて、
その面影を保存すべく、
昭和56年度「伝統的文化都市環境保存地区整備事業」によって、
生産にまつわる鉱具、古文書、鉱石等の保存展示を目的とした鉱山歴史館の建設、
鉱山のまちとしてのまち並み景観の保存、
そして住民の融和をはかる広場を建設しましたが、
歴史ある尾去沢のたたずまいをみんなの協力で残したいものです。
この案内板は、新しいものと伝統ある文化の調和を図りながら息づく尾去沢の案内板です。
道標としてご利用いただければ幸いです。
鹿角

s-IMGP7051

鉱山の町としての景観は、
この案内板に反してことごとく失われた。

最後にこちら、尾去沢市街地集落への入り口。
いちばん手前の建物は、もと尾去沢商工会が入っていた建物。
昔の「山神祭(山神社の例祭)」の際は、この辺りから屋台が出ていた。
s-IMGP7054
PENTAX K-5 + TAMRON AF 18-200mm f/3.5-6.3[IF] MACRO ASPHERICAL LD XR DiII


おわり



☆尾去沢鉱山の産出品☆クォーツクラスター

☆尾去沢鉱山の産出品☆クォーツクラスター
価格:2,982円(税込、送料別)




にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

tag : 秋田 鹿角 尾去沢 今昔 鉱山

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる