大館八幡神社[秋田県大館市・8/11]

平成26年8月11日。
秋田県大館市の大館八幡神社
本殿二棟が平成2年に国の重要文化財に指定。
s-DSCF5426

この神社は以前から知っていた。
なぜならすぐ隣が秋田県立大館鳳鳴高校。
僕の母校だからだ。
この神社に面して、大館鳳鳴高校のテニスコートがある。
柵はあるとは言え、きっとこの神社の境内には、テニスボールがいっぱい転がっているんだろう。
s-DSCF5427

狛犬が秋田犬だという、ちょっと変わった神社。
s-DSCF5428

大館市はあの忠犬ハチ公の出身地。
s-DSCF5429

s-DSCF5430
FUJIFILM XF1


八幡神社(はちまんじんじゃ)

鎮座地:秋田県大館市字八幡1
御祭神:誉田別命(ほむたわけのみこと)、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
由緒:慶長7年、大館初代城主佐竹義成は、宗家佐竹義宣の水戸より秋田国替えに随伴し、常陸国小場より大館に遷封される。
遷封の際、佐竹家宗祖以来の守護神である常陸太田八幡宮の神霊を奉持し城中に祀った。
これが大館八幡神社の創始である。
万治元年大館2代城主義易公は、城中より神殿を現在地に遷座させる。
これが正八幡宮であり4代城主義武公、貞享4年更に若宮八幡宮を造立し八幡2社とした。
この神殿2棟が軒を揃えて並ぶ配置に特徴がある。
この2棟造立の貴重な資料である棟札が14枚保存されている。
ともに一間社流造りで小規模ながら各部に極彩色を施し豪華な造りになっており、江戸初期の桃山式の香りを持っているが形態配色もよく気品が全体に漂っている。
両神殿とも造営目的、年代などその背景も明瞭であり、その建築技術それに倍加して装飾内容など優美で、江戸初期にさかのぼる数少ない神社建築として貴重である。
昭和43年秋田県指定有形文化財、平成2年国指定重要文化財となる。
神殿保護のため鞘堂を設け完全防災設備が施されている。







にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/24 08:54)

大館市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる