矢向神社[山形県新庄市本合海・2014/10/24]

平成26年10月24日

山形新庄市本合海。
s-IMGP9033-1

この最上川対岸の山は「八向山」という。
この八向山の白い崖の上には「八向楯」という中世の城(楯=館)跡がある。
楯主は「合海志摩守」。
この地方一帯に勢力を張っていたが、
山形最上氏に攻められ、水源を断たれ、ついに落城したと伝えられる。
s-IMGP9036-1

ここは本合海水辺プラザ
s-IMGP9034-1

ここには“矢向神社(やむきじんじゃ)”という神社が鎮座している。
s-IMGP9035-1

矢向神社(矢向大明神)は八向楯の中腹に鎮座する。
s-IMGP9037-1

日本三代実録」によると平安時代中期の貞観16年(874年)に従五位下を授けられ、
山形最上地方では最古の神社である「矢向神」であるとされる。
s-IMGP9038

なお“本合海水辺プラザ”リンク先では、この「矢向神」は「式内社」であると書かれているが、これは誤り。
本来は「式外社」である(はず)。
s-IMGP9039-1

矢向神社(やむきじんじゃ)
鎮座地:山形新庄市大字本合海1881
御祭神:日本武尊(やまとたけるのみこと)
s-IMGP9040-1



s-IMGP9041-1

s-IMGP9042-1

s-IMGP9043-1
PENTAX K-5 + TAMRON AF 18-200mm f/3.5-6.3[IF] MACRO ASPHERICAL LD XR DiII


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村





【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年5月7日発売 最新刊




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 山形 新庄 神社 式内社 式外社 平安時代 最上 最上川 紅葉

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる