東北・北海道に残る唯一のグランド・キャバレー“白ばら”[山形県酒田市日吉町・2014/12/20]

平成26年12月20日

東北・北海道で唯一のグランド・キャバレー“白ばら”さんへ行く機会に恵まれ、
人生初めてのキャバレー体験をしてきました。
s-DSCF6551

閑散とした飲み屋街にあって、怪しい光を放つ看板。
s-DSCF6527

一度行ってみたいと思っていたお店だ。
ただ、一見で入るには勇気が要るお店で、二の足を踏んでいたところだった。
s-DSCF6530

偶々ある方から誘いを受け、行く機会を得た。
s-DSCF6533

酒田一の社交場。
嘗ては「ここに飲みに通っているというだけでステータス」であったのだと聞いた。
s-DSCF6541

色々貼紙が貼ってあって見づらくなってはいるのだが、次のように書かれている。
サービスタイム
フリータイム
ご来店のお客様
★飲み放題<お酒類>
1時間 指名料別
\5,500
皆様の社交場 白ばら

s-DSCF6547

格式の高いエントランス。
ローマ字で“SHIROBARA”と書かれた看板も味がある。
s-DSCF6556

掲示板
ご案内
歓送迎会・各種宴会・グループ小会合に是非ご利用下さい
お気軽にご相談下さい
お待ち申し上げます
白ばら・ニューサカタ

と書かれている。
その脇には新聞や雑誌などに紹介された記事が貼られている。
s-DSCF6557

恐る恐る入口のドアを開け、いざ入店。
s-DSCF6560

元は一流の歌手が訪れるほどの賑わいを見せたのだそうだ。
一時期フィリピン人のショーなどをする期間を経て今に至るのだと、従業員の方から伺った。
s-DSCF6562

通路を通ってフロアへ向かう。
s-DSCF6565

案内されて着席。
煌びやかに電飾で彩られたステージが見える。
ミラーボールまで。
s-DSCF6569

このようなシートが設置されたボックスが店内に何か所もあるのだ。
s-DSCF6571

「ウイスキーと焼酎、どちらになさいますか?」と尋ねられ、焼酎をオーダー。
「芋と“爽やか”どちら飲まれますか?」と聞かれたので、芋をオーダー。
なお、“爽やか”とは、山形県内で広く飲まれている甲類焼酎の事で、山形酒田市に本社を置く(株)金龍が製造しているお酒の事だ。
その後、おつまみを摘みながら、芋焼酎の水割りをひたすら飲み続ける。
緊張しているせいか全く酔わなかった。
s-DSCF6581

とても広大な店内。
s-DSCF6574

「出身はどちらですか?」と聞かれ「秋田です」と答えると、
「昔は秋田にも、ここより大きいキャバレーがあったのよ。でもね、今では皆無くなっちゃって、残ったのはここだけ」と教えて貰った。
s-DSCF6575

BS11で放送中の、太田和彦氏が出演している“ふらり旅 いい酒いい肴”でも、2014年9月9日放送の回で、この“白ばら”が取り上げられた。
太田氏が番組内で曰く
「全日本的に見ても、これだけ昭和の雰囲気を伝えている大グランド・キャバレーは無いんじゃないかな」と。
「新宿にも昔あったけど、もう無くなった」そう。
s-DSCF6578
FUJIFILM XF1

以下、同番組からの引用。
創業は昭和33年。
グラス片手にステージのショーが楽しめる。
平均予算は一人1万円程度、との事。
現役40年というナンバーワン・ホステスの「かな子」さんは、次のように語る。
「東京から来る人でもびっくりする」。
全盛期には「山本リンダ」「中尾ミエ」「吉幾三」など多くの有名歌手がショーを行ったそうだ。

今でもステージで歌手の歌などを聞くことができるが、
空いた時間はステージに立って、広大なフロアに向かってカラオケを楽しむ事ができる。
広々としたステージで歌ってみたい人にはオススメです。

スタッフの皆さんは、北日本唯一のグランド・キャバレーに勤めているのだという、
自負・誇りを持っているような気がしてならなかった。
酒田に出張や観光で訪れた際は、酒田市の中町や日吉町で飲んだ後、
二次会で使ってみてはいかがだろうか。
束の間の「昭和」を味わえると思う。
実際の「昭和」を体験した人も、
僕のように「昭和を味わってみたかった」人も。
最早「遺産」と言っても良かろう。

キャバレー白ばら
山形酒田市日吉町2-5-3
TEL:0234-23-2450



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村












【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

tag : 山形 酒田 庄内 キャバレー 飲み屋 酒場 昭和 レトロ 飲み会

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを下さった「I」さまへ

こんにちは、コメントありがとうございます。
非公開コメントでしたので、具体的な固有名詞等は極力控えてReコメントさせていただきますので、
読みづらければご容赦下さい…
コメント内容の件ですが、「ぜひ、どうぞ!」
酒田に住む者としても、このような「昭和の遺産」が、またひとつ失われていく事に、大きなショックを感じています。
2016年の初めの方や、(今後の話ですが)1/16にも「白ばら」の記事を掲載していますので、
ぜひそちらもご参照いただけたら幸いです。
よろしくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

I様へ

こんにちは。
ご返信ありがとうございます。
メールが届かなかったようで、失礼致しました。
再送させて頂きました。
こちらのメールがGmailなのがいけなかったのかも知れません。
また届かないようでしたら、改めてご連絡下されば幸いです。
よろしくお願い致します。
カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる