黒森歌舞伎 その4「本狂言 仮名手本忠臣蔵 一幕目」[山形県酒田市黒森・2015/2/17]

平成27年2月17日

黒森歌舞伎の正月公演2回目
13時からは“本狂言「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」”
一幕目は「三段目 足利館殿中松の間の場(あしかがやかたでんちゅうまつのまのば)」
s-IMGP0047-1

恥ずかしながら「仮名手本忠臣蔵」って、良く聞く有名なあの「忠臣蔵」とイコールだと思っていた。
違う話なんだね。
赤穂義士の討入りを材料として、時代を『太平記』の世界にとり、
吉良上野 (きらこうずけ) を高師直 (こうのもろなお)
浅野長矩 (ながのり) を塩谷判官 (えんやはんがん)
大石良雄を大星由良之介とする、
寛延元年(1748年)8月、大坂竹本座にて初演された、二代目竹田出雲・三好松洛・並木千柳による全十一段の合作だ。
s-IMGP0054-1

とは言え、あらすじは大体、あの有名な例の「忠臣蔵」と一緒だ。
以下、あらすじを公式パンフレットを参考に引用させて頂く。

勅使接待の当日、師直の怒りは判官へと向かい、耐えかねた判官は遂に刃傷、事件が起こる。
s-IMGP0069-1

一幕目閉幕
続いての二幕目まで、舞台準備に約1時間を要した後、14時半から二幕目が開幕。
s-IMGP0082-1

観覧席の様子
s-IMGP0083-1

s-IMGP0084-1
PENTAX K-5 + SIGMA DG 70-300mm 1:4-5.6

ますますカメラマンが増えてきた。
s-DSCF7086-1
FUJIFILM XF1

晴天の下、鳶が舞う。
s-IMGP0087-1
PENTAX K-5 + SIGMA DG 70-300mm 1:4-5.6

その5へつづく



日枝神社(ひえじんじゃ)
鎮座地:山形県酒田市黒森字村中49
御祭神:少名彦名命(すくなひこなのみこと)







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 山形 神社 酒田 庄内 歌舞伎 黒森 黒森歌舞伎 日枝神社

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

ランキング見てお邪魔しました
山形県庄内地不出身ながらまだ黒森芝居を見たことないです
なかなか豪華ですね
観客はこの寒いのに屋外で見るのですね
カメラマンも多いようです
すばらしい写真見させていただきありがとうございました

Re: こんにちは

>>たなちゃんさん
こんにちは!
コメントありがとうございます!
庄内出身なんですね~
僕はこの2月で庄内に住んで13年になりましたが、
黒森歌舞伎を見るのは初でした。
カメラマンはとても多くて、
皆さんが持っているカメラを見ているだけで楽しかったです♪
--
> ランキング見てお邪魔しました
> 山形県庄内地不出身ながらまだ黒森芝居を見たことないです
> なかなか豪華ですね
> 観客はこの寒いのに屋外で見るのですね
> カメラマンも多いようです
> すばらしい写真見させていただきありがとうございました
カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる