村上市役所からJR村上駅まで[新潟県村上市・2015/3/11]

平成27年3月11日

あつみ温泉界隈に用事があったので、それを済ませた後、
そのまま南下、新潟村上市へ。
温海から村上は、車で1時間強で行く事が出来、案外近い印象。
s-IMG_0248-1

車を停めカメラ片手に、とりあえずJR村上駅を目指す。
s-IMG_0251-1

小学館の学習雑誌
“ウメ星デンカ”の絵が描かれているから、1969年頃に設置された看板だと思う。
s-IMG_0250-1

古い町並みが心地良い。
s-IMG_0252-1

これでもう少し天気が良ければ。(この日は3月なのに猛烈な寒波がやって来た日だった。)
s-IMG_0253-1

トヤダ時計店にいたお姫様。
s-IMG_0254-1

孫惣刃物鍛冶
s-IMG_0255-1

「町歩き お休み処」とある。
s-IMG_0256-1

右下のかわいいキャラクターは村上市のゆるキャラ“サケリン”だ。
お腹の「情」の文字が、顔に似合わずシュールだと思う。

町内要所要所に、このような町名由来の説明板が掲示されていて、とても親切だと思った。

鍛冶町(かじまち)
当町の起りは上町から西へ入る通りにあった
鍛冶職衆六軒であったといい、「六軒鍛冶」の名が今も残る。
この鍛冶衆が元和五年(1619)、城主堀直奇によって、
小国町と肴町の間の空き地に移されたものという。
寛永十二年(1635)の村上惣町並銘々軒付之帳には
「新鍛冶町」と見え、家数十七軒。移転前の町には同軒付之帳に
「本加冶町」と見える。宝永元年(1704)の家数二一。
明治以前は湧く儀の製造が盛んで、その後は打刃物
などを生産して来た。
平成十九年 神無月
村上市商工会議所

s-IMG_0257-1

肴町(さかなまち)
町立ては、慶長年間という。寛永十二年(1635)の
村上惣町銘々軒付之帳には「肴町」とあり、四二軒。
続いて「長岡町」一二軒、「馬喰町」四一軒とあるが、後の
二町はのち肴町に併わされた。馬喰町は馬喰(伯楽)に
由来するが、観音寺があり、西端には桝形があって
瀬波街道松原八丁に通じた。また、藩主堀氏が
鍛冶町裏の中貝村をここに移したともいい、鎮守の
河内大明神は今に残る。町名は堀氏から魚の
専売権を免許されたことによるという。
平成十九年 神無月
村上商工会議所

s-IMG_0258-1

こんな天気はこんな天気で、情緒があって良いのかも知れない。
s-IMG_0260-1

s-IMG_0261-1

古いポストのある風景
s-IMG_0265-1

s-IMG_0268-1

s-IMG_0269-1

もっと晴れた日に、もっとあちこち歩きたい町だ、村上は。
s-IMG_0270-1

s-IMG_0271-1

s-IMG_0272-1

村上再発見
s-IMG_0273-1

美容室
花輪がすごい
s-IMG_0274-1

駅前通りまで出てきた。
s-IMG_0275-1

なんだかお洒落なカフェが。
s-IMG_0276-1

JR村上駅
駅前の光景は、良くある地方都市の駅前って感じ。
s-IMG_0277-1
Canon PowerShot G11




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 新潟 下越 村上 村上市 村上駅 村上城 城下町 町屋

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる