山形市七日町を歩く その1「七日町の裏通り」編[山形県山形市七日町・2015/3/20]

平成27年3月20日

学生時代4年間住んだ山形市。
その目抜き通りである七日町へも、当時は自転車で良く遊びに出掛けた。
(ちなみに「七日町」は「なかまち」と読む。間違えている人が多いから念の為)
しかし当時は写真に興味がなく、
また反対に現在は車移動がメインとなり、路地裏写真などが撮り辛い環境となってしまった。
そこで改めて、15年前に住んでいた街を、車を降りて徒歩で、カメラ片手に歩いてみる事にした。

早速見た事のない施設に出会った。
s-IMG_0529-38

一見古めかしい建物に見えるが、15年前にはなかった建物だ。
水の町屋 七日町御殿堰”という施設であるらしい。
「御殿堰」は約400年前に、山形城主の鳥居忠政が山形の町の生活用水や農業用水を確保するために作られた「山形五堰」のひとつ。
この施設は平成22年4月に完成。
「御殿堰」を復元させた。
ここって元々何があった場所なんだっけ。全然覚えていない。
s-IMG_0530-39



それから裏通りに入り、あちこち写真を撮りながら歩く。
s-IMG_0534-40

s-IMG_0539-41

米穀配給所
s-IMG_0541-42

七日町の一つ裏の通り。
s-IMG_0544-43

この界隈には既に廃業してしまったものも含め、多くの旅館や料亭が立ち並ぶ。
s-IMG_0546-44



s-IMG_0548-45

s-IMG_0549-46

s-IMG_0551-47

老舗っぽい呉服店も。
s-IMG_0552-48



老舗の酒場も多く軒を連ねる。
s-IMG_0553-49

これらの状況に鑑みるに、この界隈は元々「花街」だったのではないか、と推察する事ができる。
山形市にはここよりもう少し南に「小姓町」という繁華街もあるのだが、
明治期、そこが山形市の遊郭街であったようだ。
その後大火があり、昭和初期、この辺りに花街が遷ってきた、という記述を幾つか見つける事ができた。
今回はその「小姓町」を訪ねる事は出来なかったが、次回はぜひと誓った。
s-IMG_0554-50
Canon PowerShot G11

その2へつづく


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 散歩 レトロ 遊郭 花街 酒場

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる