鶴岡市大山 街中のスナップ[山形県鶴岡市大山・2015/5/15]

平成27年5月15日

古い建物やらを求めて、
鶴岡市の大山地区を歩いてみる事とした。

まずは下池に近い大山公園尾浦城址)駐車場に車を停めて、そこから歩く。
s-DSC02269-31

日産の重機
フォークリフトか何かだろうか。
s-DSC02276-35

木造の旧い民家
s-DSC02279-37

村社稲荷神社
例によって「村社」の文字が埋められて消されている。
s-DSC02281-38

清酒専用通箱
s-DSC02312-55

大山」「栄光富士」などといった文字が見える。
s-DSC02313-56

漁業で使う浮き(?)に、変な顔が描かれている。
s-DSC02339-71

半鐘
s-DSC02340-72

コンクリート製の蔵
s-DSC02346-76

古い住居とそこに咲く花
s-DSC02347-77

消火栓
s-DSC02348-78

ぐるっと大山地区を回って駐車場近くまで戻って来た。

大山公園由来碑
碑文
 太平山、金剛山、鳥打山をあわせて大山公園という。
太平山には三吉神社、金剛山には古峯神社が祭られ、
その境の空堀には太古橋がかけられている。空堀は大浦城の
遺跡である。金剛山の西は新山森といい、鳥打山に続く。
天文年間(16世紀前半)大宝寺(鶴岡)から大浦(大山)に
移った武藤氏がここに大浦城を築いたので城山ともいう。
 嘉永年間(1848)大山村の田中政春が、大山騒動に
対する幕府の重い処罰から免れたことを、三吉大神に
感謝して、城山に八百余本の桜、桃の木を植えたのが、
城山への桜植樹の最初である。その後、慶応三年(1867)
庄内藩主酒井忠発が、大庄屋佐藤順太に命じて大山組村々
から桜を買い上げて植付けさせ、以後城山は桜の名所となった。
 昭和の初め不況が続き、酒造家加藤嘉八郎有邦は大山町民の
救済と将来の人々の行楽の地にあてるため、昭和八年(1933)ここに
自費をもって一大公園を造る工事を起し同十五年に完工した。
園内には、紅葉が丘、南桜ヶ丘、松が崎納涼所、旭台桜ヶ丘、つつじヶ丘、
鶯谷、北桜ヶ丘、旭台の八景が配され、それぞれの眺望を楽しめる。
加藤氏はここを加嘉山公園と名付け、訪客への園主の
挨拶の意をこめて自らの石像をたてた。
 昭和十八年公園は古峯神社・三吉神社に寄付され、その後大山
公園と改称、昭和二十五年度山形新聞社主催観光山形県一自慢投票
では、第一位に当選した。今大山公園は、鶴岡市で管理され
東京尾浦会より二万二千本余の桜・つつじ等苗木をいただく
など補植樹に努め、隣接する高館山休養林と共に、多くの
人々の散策や行楽の地となっている。
s-DSC02363-87

大山公園の駐車場脇にある蔵風の建物“からぐり展示館 尾浦の館”。
この中には“大山犬まつり”で演じる“からぐり”が収蔵されている。
s-DSC02365-88
SONY NEX-C3 + SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 神社 鶴岡 大山 尾浦 公園 下池

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる