下日枝神社、随神門と紫陽花[山形県酒田市・2015/7/16]

平成27年7月16日

酒田市の下日枝神社
随神門と、その前で咲く紫陽花
s-DSC02395-5

境内、様々な案内板が新調されていた。
こちらは山王鳥居の物。

山王鳥居
神域を表徴する鳥居には極めて
多様の様式があるが、山王鳥居
は神明鳥居の上部に三角形の
合掌域は破風の如きものが加
わった当社独特の鳥居である。
昭和三十六年秋の強風により
従前の木造大鳥居は東海の災に
遭ったが、昭和五十六年篤志の
奉納で再建された。
御神号額は陸軍大将西郷隆盛公
御筆明治十七年新調のものを
再掲した。
平成二十七年五月吉日
日枝神社
s-DSC02391-4

拝殿の屋根を支える数匹の猿
s-DSC02398-6

s-DSC02399-7

拝殿にはこのような物も新たに置かれていた。
s-DSC02400-8

阿形の狛犬
s-DSC02401-9

日枝神社の由緒
こちらも新しい

日枝神社
御祭神 大己貴命 大山咋神 胸肩仲津姫命
由緒
 最上川の流域変遷のため天文永禄年間頃より
対岸袖之浦(向う酒田)より当社を奉じて川を
渡り東禅寺酒田の西方に酒田町組なる民居を
創始した。
当初遷座は西浜おふじ山附近、次に荒町に移り
更に正徳二年現在地にて南北両殿、神仏両式の
祭祀にて山王両社とも称した。宝暦元年大火に
類焼、本間光丘造営の大社殿が七年後再び類焼。
天明四年再建の現社殿は位置を北方に移し
三方を土手で囲み南面の社殿とした。
日和山口を正面とし山王鳥居、随神門より
一二〇メートルの参道を開き、従前の台町口wp
東参道とした。明治二十七年の酒田大地震で
大被害を受けるも修復、総欅造の社殿は山王
さんとして市民の崇敬を集めている。
 神社では元旦祭から除夜祭まで四季各々の
祭典を執り行い、国の隆昌と世界の共存共栄を
祈りますが、年に一度の例大祭は五月二十日
酒田山王祭として古例のままに神宿の制による
厳粛盛大な神事が行われます。
s-DSC02402-10

御神籤
s-DSC02403-11

手水鉢
水は張られていない。
こちらにも「手水の作法」と書かれた新たな看板が建てられている。
s-DSC02404-12

境内社
s-DSC02405-13
SONY NEX-C3 + smc PENTAX-A 1:2 50mm


にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村


【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 山形 庄内 散歩 酒田 神社

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる