trystramsダイアリー2016 ウィークリーLIFEHACK 野帳タイプ[2016]

しばらく文房具関係の記事から遠ざかっていたが、
ここに来て文具熱が再燃してきたので、久しぶりに文具の記事を

昨年は“RHODIA webplanner(ロディア・ウェブプランナー)”というダイアリーを使っていた。
かつて使っていた“クオバディス イタルノート”に仕様が酷似しており使いやすそう、というのが買った理由だった。
しかしながら、当時とは違い、今ではほとんどを“Googleカレンダー”で予定管理している。
紙製のダイアリーは「予備」的なポジションになってしまい、
あれほどの厚みは必要なかった。
そんな時に出会ったのが、今回買った“trystramsダイアリー2016 ウィークリーLIFEHACK 野帳タイプ”だ。
DSC03947-1

もともとコクヨのロングセラー商品である「測量野帳」のスケッチブックを愛用しており、
その堅牢な表紙や立ったままでの筆記のし易さ、紙質などに惚れ込んでいた。
形こそ実際の「測量野帳」とは違い、僅か横幅が長いが、
それ以外はほとんど一緒の作りの手帳があると知り、即飛びついた。

とは言え、シンプルな作りであるがゆえ、気になる部分も多少あり、
自分なりにカスタマイズしたのがこの姿だ。

まずはこの「ゴムバンド」
デザインフィルの「クリップバンド えんじ A6サイズ」を取り付けた。
金色のクリップに臙脂色のゴムバンドで高級感がある。
DSC03949-2




ペンホルダーには「ロイヒトトゥルム」の「ペンループ」カーキ色をチョイス。
野帳の色に合わせた。
パイロットの「フリクションボール スリム 0.38」の青を装着している。
なかなかこの細さに合うペンホルダーがなく、このロイヒトトゥルムのがジャストサイズなのである。
ついでに言うが、正直なところ僕は「フリクション」シリーズが好きじゃない。
「消したいなら鉛筆で良いじゃん。記録が残るからこそインクだろう」と。
しかし僕は、あるコラムを読んで、(今でも好きではないが)フリクションに対する考え方がちょっと変わった。
「フリクションとは、消しカスの出ない鉛筆と消しゴムである」と。
そう割り切って使っている。
というか、そう割り切らないと使えない代物だ。
どうしてあんな脆弱な商品が世間でもてはやされているのか、僕にはさっぱり分からない。
こないだなんて、「領収書下さい」と言ったら、そこの店員、フリクションで領収書の記入を始める始末。
しかも真夏の車内に放置したら一発アウトですよ、フリクションなんて。
DSC03950-3




表紙の裏には、マークスの「コーナーポケットセット ビジネス」のレッドを貼付。
レッドとは言うものの臙脂色に近い革調の高級感のある雰囲気で、
ゴムバンドにぴったり。
DSC03952-4




さて、肝心のダイアリー中紙
ウィークリー・バーチカルで月曜始まり
日曜日の脇に細くメモ欄があり、
日々の上部にはToDo欄が備わっている。
DSC03953-5

ページ上部にはこの手帳をプロデュースしたハックシリーズの著者「小山龍介」氏の書下ろしコラムが
各ページに備わっている。
DSC03954-6




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文房具大好き!
ジャンル : 趣味・実用

tag : 手帳 ダイアリー コクヨ KOKUYO 小山龍介 ライフハック 測量野帳 デザインフィル midori マークス

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる