ペリカンの古典ブルーブラックで書写[2016/5/4]

平成28年5月4日

この日が「みどりの日」と呼ばれるようになって何年経ったか
今万年筆メーカーとして所謂「古典ブルーブラック(※以下「古典BB」と記す)」
正式には「没食子(もっしょくし)インク」を製造しているのは
独「ペリカン」と日本の「プラチナ萬年筆」だけとなったらしい
以前は「ラミー」や「モンブラン」なども製造していたが、
環境の面でアメリカにへ輸出禁止になったり、
また耐水性の面では、顔料インクの技術が発達し、万年筆へのリスクが低減した事もあって、
続々と古典BB市場から撤退していった

そんな中「プラチナの古典BBが欲しいな」と思っていた矢先、
帰宅し自宅の文具箱を漁っていたら、
ペリカンの旧パッケージの古典BBと、
モンブランのリニューアル前のまだ古典だった頃のBBが出てきたのだった
以前無意識に購入していたらしい
ただ、その頃は「古典BB」だから買ったという認識はしていなかったように思う
ただ単にBBだから買ったのだと記憶している
IMG_4151-1
Canon PowerShot G7X

GW期間中、ずっと仕事で、どこへも出掛けられなかったから、
夜寝る前に、大好きな太宰治の著した名作『津輕』の一節、
「俺は酒が強い」と自慢するような行を、
どこのメーカー製だったか失念したがガラスペンで書写して遊ぶ事にした
使用したインクは、期せずして発見できたプラチナの古典BB
DSC04521-Edit-1
SONY NEX-C3 + smc PENTAX-A 1:2 50mm

なお、「古典BB」に就いての説明は、様々なサイトで語り尽されているので、拙ブログでは割愛する









にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文房具大好き!
ジャンル : 趣味・実用

tag : 文房具 インク 古典BB ブルーブラック ガラスペン

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる