山神祭[秋田県鹿角市尾去沢・2016/5/15]

平成28年5月15日

たまたま帰省した日が尾去沢のお祭り“山神祭(さんじんさい)”の日で
そのお陰で僕はおおよそ25年振りくらいにこのお祭りを見る事が出来た。
IMG_4353-6

久々に山神祭を見たら、今は尾去沢小学校と尾去沢中学校の児童生徒が
「かなやまソーラン」なる踊りを踊る事になったようなのだ。
IMG_4355-7

「かなやま」とは、我が尾去沢では小学校1年生から覚えさせられる単語で、
僕も何の事だかよく分からずに使っていたが、
「金山(かなやま)」の事で、尾去沢鉱山を表している。

なお尾去沢小学校には「かなやまカルタ」というカルタがあって、
そのカルタの内「か」「な」「や」「ま」の4文字から始まる標語を
尾去沢小学校の児童は「かなやま運動」と言って守らせられたのだが、
今でも存在しているのだろうか。

「か」:交わす挨拶、豊かな心
「な」:何事も進んで挫けず最後まで
「や」:優しく厳しく高め合い
「ま」:守って行こう美しい郷土
我ながら良く記憶しているもんだ
当時は何のこっちゃ分からないまま、毎日呪文のように唱えさせられていた記憶がある
IMG_4357-8

僕が小学生の頃は、この市街地の通りを
元商工会があった一番坂の下、市街地入口部から購買会附近、現かなやまアリーナ附近まで、
出店が連なっていたように記憶しているが、
小学校高学年の頃から規模が大幅に縮小され、
旧尾去沢町役場があった山神社(さんじんしゃ)の鳥居の前のちょっとした通りの前だけに数件並ぶに過ぎなくなってしまった。
何時の日からか、この空き地に出店が並ぶようになっていた。
元々何があったんだっけ、ここ。
IMG_4358-9

向かいにある建物は尾去沢の公民館
他に駐在所や郵便局が立ち並ぶ、尾去沢の目抜き通りで
その名もズバリ「市街地」という
IMG_4359-10

この出店が立ち並ぶ空き地の裏には、こんな日本庭園が存在する
IMG_4362-2

この庭園は「尾去沢鉱山倶楽部」の庭の跡地だ
建物は、恐らく10年くらい前に解体撤去された
元は政府要人や三菱の役員らが利用した、尾去沢の迎賓館だった
閉山してからは旅館として使われており、少なくとも僕が中学生の頃までは営業していた。
味のある建物だったのに勿体ない
僕も泊まってみたかったな
IMG_4360-1

こちらは尾去沢鉱山の職員住宅跡
空き家になっているのもあれば、今でも現役の物もある
IMG_4382-3

これは現在バス停の待合所として使われているが、
元は鉱山の詰所の跡である
IMG_4352-5

「鉱山(かなやま)の煙は高く」と尾去沢中学校の校歌冒頭で歌われた鉱山の煙突
北の桜の開花は遅く、葉っぱは多いものの、まだ桃色の花を観賞させてくれる
IMG_4394-4

精錬所跡「
銅イオンが溶けているため青い色に染まって見える
IMG_4397-5

煙突の向こうに見える、山頂に鉄塔の建っている山は水晶山
小学校4年だったか5年だったかの頃、遠足で登った
IMG_4402-6
Canon PowerShot G7X




にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 秋田県 鹿角市 尾去沢 鉱山 尾去澤 かなやま 銅山

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる