「つけペン」に手を出す

万年筆の所有インクは着実に増えている(インク沼)が、
「万年筆に入れるまではないけど、ちょっと使ってみたい」という時に
これまではガラスペンを使用していた
しかし当然の事ながらガラスペンの材質は「ガラス」であり、
書き心地は非常に硬い
「万年筆のようなしなやかなペンで、気軽にインクを試せたらなあ」
行きついた先は「つけペン」でした

今回手を付けたインクはペリカンのブルーブラック
今では貴重な「古典ブルーブラック(没食子)」で、万年筆に入れるのを躊躇していたからだ
つけペンなら気軽に使える
IMG_4462-1





ボトルインクのまま使うのもアリだが、
使用中の乾燥やインクの劣化が気になるので、
小瓶に移して使う事にする
使う小瓶とは、そう、もちろんタミヤ
IMG_4465-2





ダイソーで買った注射器型スポイトで計量しインクを移す
IMG_4472-3

つけペンのペン先
タチカワの日本字ペン
(後日、日光の方がペン先が柔らかい事を知り、日光の日本字ペンに切り替えた)
IMG_4480-5

「MADE IN JAPAN」の文字が誇らしげに光る
現在つけペンのペン先を作っているのは「タチカワ(日光ブランドも含む)」と「ゼブラ」の2社のみだ
貴重な存在である
IMG_4483-6

使用前に、ペン先の錆止めで塗られている油をティッシュで拭って落とす
IMG_4477-4

日光の木製のペン軸を購入
IMG_4485-7

タチカワ T44-日本字 3本入
価格:228円(税込、送料別)


日光 ペン軸 木製 N-20【05P27May16】
価格:205円(税込、送料別)





ペン軸の先の切れ込みにペン先をギュッと差し込むだけ
IMG_4489-8

装着するとこんな感じになる
ボールペンや万年筆の登場以前、「ペン」と言えばこの「つけペン」の事だった時代がある事が信じられない
昔は役所にこれとインクの入ったボトルが置いてあって、
それで書類を書いたんだと
なおペンの事を「つけペン」と言うようになったり、
「電話」を「固定電話」、「カメラ」を「銀塩カメラ」などと、
新しい物の出現により、それより以前からあった物を区別するため、
敢えて別の呼称で呼ぶ事を「レトロニム」と呼ぶそうだ
IMG_4492-9

せっかくだから何か文字の練習でもしようと思って、こんな本を買ってみた
IMG_4495-10

小倉百人一首を書く [ 野本翠苑 ]
価格:1080円(税込、送料無料)





そうそう、こんな便利なラベルの素材を提供してくれている人がいる
"Pocketbook of Soratoto -空魚の手帳-"さんの
RABEL・八角ラベル No.1-sが、ちょうど「タミヤ角瓶」のラベルサイズに作ってくれているようなので、使わせていただく
IMG_4507-1

ペン先をインクにちょこんと浸けて
IMG_4498-11

ラベルに書き込み
IMG_4510-2

実際にそのインクを使ってラベルを書いた方が、後から見てイメージが湧きやすい
IMG_4513-3

上手にカッターで切り抜きます
IMG_4514-4

貼ってみるとこんな感じ
タミヤのボトルがかわいい感じに変身しました
IMG_4517-5
Canon PowerShot G7X


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文房具大好き
ジャンル : 趣味・実用

tag : タミヤ 万年筆 つけペン インク ボトル 日本字ペン 日光 タチカワ ペリカン

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-3。
他にCanon G7X、PENTAX K-5、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる