山形のあじさい寺「出塩文殊堂」へ[山形県山形市村木沢・2016/6/26]

平成28年6月26日

山形の“あじさい寺”として知られる「出塩文殊堂」へ行く事に
ちょうどこの日は「むらきざわあじさい祭り」初日
文殊堂のある山形市村木沢地区に近付くと、写真のような幟旗や会場を示す立て看板が多く出ており、非常に親切だ
公式ウェブサイトにも会場までのアクセス方法が詳しく掲載されている
場所が非常に分かりづらい場所であっただけに、そのような細かい気配りは嬉しい
IMGP5862-73

初日なだけあって、麓の駐車場は満車
なので坂道を歩行者に気を付けながら車で登り、上の駐車場まで進む
実際上の駐車場の方が文殊堂本堂に近いので、あまり歩きたくない人は良いかも知れない

五台山文殊堂(別当良向寺)縁起
文殊菩薩は学問技芸の佛様として老若男女の信仰があつく
この文殊堂 弘仁年間約千弐百年前弘法大師によって開かれたと伝えられている
五台山の山号は文殊菩薩最古勧請の五台山の山に似ている所から名づけられたものである
延文元年山形に入部した斯波兼頼公(最上氏の祖)
山形城西方鎮護として崇敬された山頂にあった堂を中腹の現在地に移し華麗なる堂字を建立し
香花料として山林十数町歩を寄進された
その後慶長十一年 最上義光公は堂を再建し香花料として二石を寄進されたが
その後落慶法要の夜は信者の奉納された常夜燈のあかりが山形城からも望見されたと伝えられている
文化財と遺跡
 本尊文殊菩薩騎獅像(山形市有形文化財指定)
 夫婦杉(山形市天然記念物指定)
 大鰐口(天明八年山形銅町にて鋳造)
七不思議(古来より伝承されている遺跡)
 一、弘法の池
 二、弘法の井戸
 三、弘法乗馬の足跡
 四、夫婦杉
 五、風穴
 六、団子岩
 七、木の葉石
   村木沢郷土史研究会

IMGP5724-2

上の駐車場に車を停めると、すぐ紫陽花参道だ
紫陽花参道
文殊堂参道延享二年
約二六〇年前奉納された五一五米の石段保存の為
昭和六十二年より七ヶ年にわたって、
参道の両側に土を寄せ側溝を掘り、
三十数名の方より紫陽花の苗木寄贈により、
二五〇〇株四十種を植え紫陽花参道と名付けたもので
管理として八月の花つみ、十一月の雪囲い其の他の作業として
年間七十人程の人数で管理しているものです。

IMGP5725-3

もうすぐそこに本堂が見える
IMGP5727-4

階段の傾斜は結構急だし、苔で滑りやすくなっているので、登る際は注意が必要
IMGP5743-9

文殊堂
IMGP5751-12

文殊堂と紫陽花
IMGP5755-13

「文殊堂」というくらいだから受験生がお参りすれば良いのだと思う
別に紫陽花のシーズンでなくとも
IMGP5757-14

僕が訪れた頃、公式サイトの発表によると四分咲との事
IMGP5758-15

初日という事もあり参拝客が多い
IMGP5764-17

逆光で
IMGP5765-18

写真が多いので、残りの写真は次回以降に
IMGP5768-20
PENTAX K-5 + TAMRON AF 28-75mm F/2.8[IF] MACRO ASPHERICAL LD XR Di SP A09




にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 山形 寺院 出塩文殊堂 あじさい アジサイ 紫陽花

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる