玉勘で鰻をいただく[山形県酒田市・2016/10/8]

平成28年10月8日

酒田市の鰻屋さん「玉勘」さんへ行ってきた
P1090650-11

うなぎ割烹 玉勘
ジャンル:うなぎ
アクセス:連絡バス(庄内空港-酒田)酒田駅 徒歩22分
住所:〒998-0036 山形県酒田市船場町1-6-20(地図
周辺のお店のネット予約:
居酒屋 寧々家 酒田駅前店のコース一覧
魚民 酒田駅前店のコース一覧
個室居酒屋 いろはにほへと 酒田駅前店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 酒田・遊佐×うなぎ
情報掲載日:2016年10月22日



江戸末期創業という老舗
鰻一筋で現在6代目だそうだ
P1090652-12

個室に通される
P1090648-9

実は9月24日が僕の誕生日で、嫁さんの親がご馳走してくれたのだった
こんなに良いものを、感謝である
P1090634-2

立派な灰皿と、お店の名前入りのマッチが
P1090637-5

「鰻処 玉勘」と記されたメニュー表
P1090635-3

僕は「鰻重(大)」を注文した
3,100円である
なお、「鰻重」「鰻丼」「鰻重ね」の違いを明確にした写真が添えられていた
質問が多いのだろう
P1090633-1

また鰻重の「中」「大」「特」の違いを示した写真も添えられている
「中」は鰻0.5尾、「大」は1尾、「特」は1.5尾のようだ
ご飯の量に差はないらしい
P1090636-4

本来は注文する予定ではなかったのだが、
丁寧で勧め上手な女将さんから「当店の玉子焼きは評判です。一緒にいかが?」と言われたので、
つい頼んじゃったのがこちら
実際ふわふわで上品な味で大満足
P1090640-6

で、いよいよ運ばれて来ました
メインディッシュの鰻重(大)
P1090643-7

元来鰻は大好物だし、
ましてこんな高級店
不味いわけがない
非常に脂の多く乗った、ふわふわの鰻
とろけるように口の中で消えて行った
P1090647-8

店内にはレトロな流し場があった
歴史を感じさせる建物なので、それを味わうだけでも価値がある
この日は外国からの客も見えていた
P1090649-10
Panasonic LUMIX DMC-GF2 + LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. H-FS014042


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
にほんブログ村
【Kindle本出版しました↓↓↓】
平成26年12月8日発売 最新刊




K.Junホームページはこちら↓↓↓
http://shentianrun.wix.com/kjunsphotograph


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

tag : 山形県 酒田市 玉勘 ウナギ うなぎ

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
2014年2月~
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

zunsanzunsan

Author:zunsanzunsan
秋田県出身、山形県庄内地方在住のzunsanことK.Junです。
神社が好きで、しょっちゅう神社の写真を撮りに行っています。
使っているカメラは主にPENTAX K-5。
他にFUJIFILM XF1、LUMIX GF2、Canon G11、PENTAX K-m、RICOH CX3を使っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
Kindle本出版しました
【最新刊】 2014年12月8日発売 『Shrinescape 5 -緑に抱かれる神々の社-』
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる